清水昇, 高橋優貴, 上茶谷大河

新人合同自主トレも9日目となり、あと2週間でキャンプ開幕となる。期待のドラフト1位大学生投手もペースを上げつつある。

須田幸太, JFE東日本

今年、横浜DeNAを戦力外となった須田幸太投手が、出身のJFE東日本に復帰する事を明らかにした。

横浜DeNAを自由契約となった150キロ左腕の福地元春投手が、BCリーグ信濃にコーチ兼任として入団することが分かった。

古村徹

横浜DeNAで2012年から3年間プレーし、いったん引退したものの、今年はBCリーグの富山GRNサンダーバーズで投げていた古村徹投手が、5年ぶりに横浜DeNAと契約した。年俸は以前よりアップし600万円となった。

2015年の育成ドラフト2位で横浜DeNAに指名され、3年間プレーした山本武白志選手が、現役を引退することが分かった。

中井大介

横浜DeNAは、トライアウトに参加していた元巨人の中井大介選手を獲得する方針を固めた。

横浜DeNAは、高田繁GMが今季限りで退任、ラミレス監督は続投することが分かった。

古村徹, 乾真大

横浜DeNAは横須賀市内で入団テストを行い、2011年に横浜ベイスターズにドラフト8位で指名され、2014年に戦力外となっていた古村徹投手が受験し、再獲得の可能性が高まった。

中後悠平, 横浜DeNA

横浜DeNAは、ダイヤモンドバックスを自由契約となった中後悠平投手の獲得を目指していることが分かった。近日中に入団テストをする。

横浜DeNA, 京山将弥

オープン戦などで注目を集めてきた高卒2年目世代の投手、まずは横浜DeNAの京山将弥投手が、プロ初登板初勝利を記録した。

スポンサーリンク
PAGE TOP