埼玉西武ドラフト1位・森友哉選手が大阪桐蔭で藤浪晋太郎投手と対面

藤浪晋太郎, 森友哉

 阪神の2012年ドラフト1位・藤浪晋太郎投手は大阪桐蔭グラウンドで自主トレを開始した。途中、埼玉西武ドラフト1位の森友哉選手も姿を表し、2012年春夏連覇のバッテリーが対面した。

 

それぞれの道へ

 藤浪晋太郎投手は昨年、ルーキーで10勝を挙げ、阪神2位に大きく貢献した。今年は「昨年と同じ力では同じ成績も残せない。」と話し、さらに成長した姿を見せる。投球練習はキャンプまで行わず、この日もダッシュなど下半身強化、体力強化のメニューを行っていた。

 その練習中に森友哉選手が姿を見せる。2012年の甲子園で春夏連覇を達成したバッテリーが対面すると、ガッチリと握手をした。二人は昨年末に一緒に食事をしたという。森選手は「まだまだ力不足ですが、できるなら戦ってみたい」と話すと、藤浪投手も「交流戦、日本シリーズで対戦の機会があれば」と話した。

 藤浪投手は常に、高校時代に対戦した中で最高の打者と森選手を評価している。1年目から結果を残した藤浪投手は阪神のエースとして、森友哉選手は埼玉西武で正捕手、主軸を打つ選手として、関東・関西と別々の道に進んでいく。それぞれがリーグを代表する選手となって、対戦したり、侍JAPANでバッテリーを組んだりと、別の道を進んでも、二人の道はどこかで必ず交差する点があるだろう。

 

 

2年目は「躍」だ。阪神・藤浪が、大阪府大東市にある母校の大阪桐蔭で自主トレーニングを公開した。1年目の昨季に10勝(6敗)を挙げ、開幕から先発陣の一角に計算される今季へ「昨年と同じ力では同じ成績も残せない。しっかりやらないといけない自覚はある」と意気込んだ。

 キャンプインまで投球練習は封印するとし、この日も坂道でのダッシュなど体力強化に徹していた。今季の目標は「自分の力で投げ抜くことと昨年より成績を残すこと」を掲げ、漢字一文字では「躍」と表現。ルーキーイヤーの昨年1月4日の始動日は「磨」を掲げた右腕は、1年がたち「自分のような若い選手が躍動していけばチームにもいいものが出てくると思う」と力を込めた。

阪神・藤浪晋太郎投手(19)が4日、母校の大阪桐蔭高(大阪府大東市)で自主トレを公開した。2012年の甲子園春夏連覇の黄金バッテリーが対面した。藤浪のキャッチボール中に、西武のドラフト1位・森友哉捕手(18)が現れ、グラウンドでがっちり握手を交わした。藤浪は「ファンの人が楽しみにしてくれていると思うので、交流戦や日本シリーズで対戦する機会があれば」と笑顔で話すと、森も「まだまだ力不足ですが、できるなら戦ってみたい」と対戦を熱望していた。


PAGE TOP