高知・酒井祐弥投手が6回2安打無失点に141km/h記録、注目スラッガー対決は互角か

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球センバツ大会準々決勝、高知vs仙台育英の試合では、高知・酒井祐弥が自己最速の141km/hを記録、伸びのあるストレートで仙台育英打線を6回2安打に抑えて勝利に貢献した。

 コンパクトな腕の振りから140km/h前後の伸びのあるストレートが特徴で、177cmの快速球右腕だ。変化球はコントロールなどもまだまだだが、130km/h台のストレートで押していく。楽しみな2年生投手だ。

 仙台育英のプロ注目選手・上林誠知選手には2四球を与え、第3打席も甘めの変化球を、センターが抑えたものの、フェンス近くまで持っていかれた。これからまだまだ成長する2年生、楽しみだ。

 プロ注目のスラッガー同士の対決も注目された。高知・和田恋選手は内野安打2本で5打数2安打を記録、得点に絡むことはできなかったが結果を残した。仙台育英・上林誠知選手は2四死球に9回先頭打者でセンター前にはじき返して2打数1安打。ホームランは0で敗れたものの、今大会は巧みなバットコントロールと走塁、外野守備を評価された。これから春季大会、夏の県大会で調子を上げて、夏は長打力でもアピールして欲しい。

 高知の2年生右腕が、尊敬するエースにバトンをつないだ。酒井祐弥は初回の1球目から自己最速タイの141キロを投げ込むなど、6回を被安打2で無失点。坂本優太も3回を散発3安打で完封リレーを完成させた。「後ろに優太さんがいるので全力で投げた」と酒井が笑えば、坂本優は「酒井と守備陣に感謝です」と息もぴったりだ。

   一貫校の高知中から先輩後輩の間柄。酒井は入学当初、坂本優を「見た目が怖い」と恐れていたが、打ち込まれた際に「お前は悪くない」とかばってくれた優しさにホレた。昨年9月、報徳学園(兵庫)との練習試合で継投で12失点。直球が通用しないと悟った坂本優は、年明けからシンカーを習得。常葉学園菊川(静岡)との3回戦では、新球を武器に4回で9奪三振。酒井は「簡単に三振を取る。やっぱスゴい」とホレ直した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント