浦和学院・高田涼太選手が3試合連続ホームラン、甲子園4本塁打

浦和学院, 岸本淳希, 敦賀気比, 高田涼太

 高校野球センバツ大会準決勝、浦和学院vs敦賀気比の試合では浦和学院・高田涼太選手が3試合連続となるホームランを放った。

 初回、高々とすくい上げた打球は風にも乗り伸びていく。滞空時間7秒というホームランがバックスクリーン左へ飛び込んだ。スライダーを狙い、後ろに体重を残すのではなく前ですくい上げたが、それでもスタンドに放り込んだのは強いリストのおかげだろう。

 これで山形中央戦、北照戦につづく3試合連続のホームランとなった。高田選手は2年生で出場した昨年夏も天理戦でホームランを放っており、甲子園4本塁打となった。

 高田選手は「バットに当たった感じは良かった。たまたまって感じだけど、しっかりフルスイングはできた」と話した。高知・和田恋選手、仙台育英・上林誠知選手、聖光学院・園部聡選手などスラッガーが注目されたこの大会、主役となったのは高田涼太選手だった。3試合連続弾に今後注目が集まってくると思う。

 敦賀気比・岸本淳希投手は完全に疲れていた。ステップする足は大きく開き、スライダーを投げるのが精一杯だった。それでも今大会で安楽智大投手と共に最も好投した、大会屈指の好投手だった。

 体を横回転させ、腕を低くしてスライダーを投げる投手はこれまでも何人も活躍を見せたが、プロのスカウトの評価は分かれる。高校生での指名は右腕の場合は特にオーバースローのスケールの大きな投手を好む事が多い。

 最速143km/hを記録した岸本投手、夏にひとまわり大きくなった姿を甲子園で見てみたい選手だ。

 背走する中堅手の行く手をフェンスが遮った。春の冷雨を切り裂く白球は、バックスクリーン左に着弾。「先に点を取られて取り返したかった」。1点を追う初回2死一塁での初球。高田が狙っていたスライダーをしばき上げた。チームを春夏通じ初の決勝に導く逆転2ランは、大会史上2人目の3戦連続弾だ。

 

 「当たった感じは良かった。思い切り振った結果です」。17歳は謙遜したが、1大会3発で、星稜・松井秀喜やPL学園・清原和博らと肩を並べた。巨人ファンの父・昭人さん(48)の影響で、G党だった主砲は「うれしい。でも、目標の選手にもっと近づきたい」とさらに上を見据えた。理想の打撃は、巨人・阿部のような勝負強さだ。

浦学の怪物だ高田 清原、松井超えの3戦連発  - スポーツニッポン:2013/4/3

 中堅左のスタンド最前列で打球が弾んだ。1点を先制された直後の初回2死一塁。高田が逆転の一撃を放った。「バットに当たった感じは良かった。(本塁打は)たまたまって感じだけど、しっかりフルスイングはできた」

 

 初球を捉えるイメージはできていた。敦賀気比のエース右腕・岸本対策として、前日の打撃練習では、外角へ逃げるスライダーに踏み込んで振り切る練習を反復。功を奏した。これで3回戦の山形中央戦から3試合連続本塁打。PL学園(大阪)の清原、星稜(石川)の松井もセンバツで1大会3本塁打を記録したが、3戦連発はなかった。


PAGE TOP