川和・後藤太一投手、周防大島・藤谷洸介投手、前橋工・原沢健人選手などプロ注目選手の動き

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球は各地で夏の大会が開幕し熱戦が繰り広げられている。

 神奈川大会では川和高校の後藤太一投手が登板し6回4安打1失点3三振、この日の投球に「甘いボールが何球かあった。もっとコーナーに投げて、攻めの投球をしたい。」と不満もコールド発進した。後藤投手は181cmの左腕で137km/hの速球を記録しプロが注目している。

 山口大会、周防大島の藤谷洸介投手も192cmの長身から139km/hを記録する投手でこの日登板したが、15球目に右肘を痛めると20球を投げたところで降板した。診察の結果、手術が必要な骨折で全治三ヶ月と診断された。

 藤谷投手は「社会人か大学で野球を続け、プロへ行きたい」と話し、まずは成長をしてからプロ入りを目指す事を明らかにした。

 前橋工・原沢健人選手は初戦で1本塁打を記録したが、続く2回戦では1試合2本塁打を記録、2試合で3発となった。オーストラリア出身の父とのハーフで183cm96kgの大きな体から痛烈な打球を放ち、プロが注目をしている。

6回1失点も後藤内容不満  - スポーツ報知紙面:2013/7/14

 

父はオーストラリア人、原沢2戦3発  - スポーツ報知紙面:2013/7/14

 

プロ注目、藤谷骨折  - ニッカンスポーツ紙面:2013/7/14

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント