延岡学園・岩重章仁選手が3ランホームランに3安打2盗塁4得点に強肩で甲子園出場決める

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球宮崎大会は延岡学園が聖心ウルスラを破り甲子園出場を決めた。怪物スラッガーが全国に名乗りを上げる。

 延岡学園は4番に座る183cmのスラッガー、岩重章仁選手が、3ランホームランを放つなど3打数3安打5打点の活躍を見せた。岩重選手は打つだけのスラッガーではなく、7回にはヒットで出塁すると盗塁を決め、その後に犠牲フライで勝ち越しのホームを踏むなど2盗塁に4得点を記録し、さらに1点差を守る9回には2アウト1塁の場面でヒットで三塁を狙った走者を遠投100mの強肩で刺して甲子園を決めた。

 1年生の春の九州大会で1試合2本塁打を放って強烈なデビューを見せたが、その後は相手チームの徹底的な攻めと逃げに苦しんだ。しかし甲子園出場を決める試合で高校通算20号を放ち、足、守備で力を見せたことに3年間の成果が現れている。

 今大会は19打数10安打8打点を記録している。甲子園で打撃、足、肩の力をを発揮すればプロ入りの可能性が高くなる。

 延岡学園は岩重が走攻守で活躍し、3年ぶりとなる夏の甲子園出場の原動力となった。

 守備では同点の9回2死一塁で右前打を三塁へ送球して一塁走者を補殺。直後の延長10回に梶原の決勝二塁打を呼んだ。打っては3回2死一、三塁から左中間席中段へ飛距離120メートルの高校通算20号。この先制3ランを含む3安打4打点に加え、2四球と全5打席で出塁し2盗塁も決めた。「(ホームランは)きれいに力が抜け、感じよく振り抜けた。甲子園でもバックスクリーンから右へホームランを打ちたい」。1年春の九州大会で2打席連続アーチを放つ衝撃デビューを飾ったスラッガーは、甲子園でも大暴れを誓った。

岩重・怪物弾、3年ぶり甲子園、延岡学園  - 西日本スポーツ:2013/7/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント