東海大相模、今度は1年生の吉田凌投手が5回ながら完全試合達成

東海大相模, 吉田凌

 高校野球神奈川大会、桐光学園・松井裕樹投手がスバ抜けた能力で注目される中、東海大相模は豊富な投手陣で優勝を狙う。

 この日は1年生の吉田凌投手が先発すると、140km/hを越すストレートと鋭いスライダーで、5回までに7奪三振でパーフェクトに抑える。その裏にコールド勝利が決まり、サヨナラで完全試合が決まった。

 東海大相模は昨年の夏に1年生でデビューしてスタンドを湧かせた佐藤雄偉知投手が、3回戦に5回でノーヒットノーランを達成しており、2試合連続の快挙となった。このほかにも2年生には青島凌也投手が、そして1年生にも春に144km/hを記録した左腕・小笠原慎之介投手がおり、3年生でエースの仲宗根大都も好投手、束になって打倒・桐光学園に燃えている。

 今年のドラフト候補でプロ注目の遠藤康平選手はこの日は2打数ノーヒットに終わった。

 偉業達成にも喜ぶ様子はなかった。公式戦初マウンドに上がった吉田は、初回から3者連続三振を奪うと、5回まで打者15人に1人の走者も許さない。140キロ超の直球とスライダーで7三振を奪った。その裏に“サヨナラ”でコールド勝ちが決まり、完全試合達成。「自分らしい投球ができました。完全試合は全く意識しなかったです」と他人事のように淡々と話すだけだった。

 中学時代から、その名をとどろかせていた。兵庫北播シニアでは、130キロ台中盤の直球をマーク。高校進学時に100校から誘いを受けた伝説の持ち主だ。その中から「タテジマにあこがれた。神奈川を勝ち抜くことで自信をつけたかった」と、あえて最激戦区の名門校に進学。そして名刺代わりの快投を披露した。

 完璧とも思える投球にも、手放しで喜べない事情がある。3回戦では、背番号20の佐藤雄偉知(2年)が5回参考ノーヒットノーラン。チームは初戦(2回戦)の7回から13イニング連続無安打を継続中。しかも、背番号1の仲宗根大都(3年)や、今春に141キロを計測した大物ルーキー・小笠原慎之介はまだ登板すらしていない。


PAGE TOP