夏の甲子園大会大1日目の見どころと注目選手

大阪桐蔭, 森友哉, 笠松悠哉, 辻田大樹, 近田拓矢, 葛川知哉, 有田工, 日川高, 山田基樹, 飯塚悟史, 星兼太, 古川侑利, 日本文理, 大垣日大, 横江大聖

 高校野球、夏の甲子園が今日開幕します。今日の対戦カードと注目選手をおさらいします。

 第1試合、大垣日大は強豪だけあり、140km/hを記録する投手がゴロゴロいる。その中でエースは2年生の高田 航生投手で、岐阜大会では準決勝で強豪の県岐阜商を1失点に抑えて完投した。また1年生の左腕・橋本 侑樹選手もブレークするかもしれない投手。岐阜大会決勝でリリーフし3回1/3を3奪三振、パーフェクトリリーフを魅せた。

 その中でプロが注目しているのはその多彩な投手陣をリードする横江 大聖選手。180cmの大型捕手で強肩では全国屈指と言われる。

 有田工業は接戦にものすごく強い。佐賀大会では2回戦から決勝までの5試合を、3-2、2-1、1-0、3-2、6-5と全て1点差、準決勝、決勝は延長10回に決着を付けている。これはやはりプロ注目の古川 侑利投手のピッチングによるだろう。古川投手は146km/hを記録しスライダーなどでイニング数に近い三振を奪える投手だが、被安打数もイニング数に近い。しかし接戦にこれだけ勝利しているところを見ると、ピンチになると力を発揮する精神的に強い投手なのではないかと思う。

 名門・大垣日大の分厚い戦力と、接戦に強い有田工業の好カードだ。

大垣日大(岐阜)   有田工業(佐賀)
横江大聖 3年 180cm75kg 右右 全国屈指の強肩でプロ注目の捕手 B   古川侑利 3年 178cm77kg 右右 最速144km/h記録し県屈指の速球投手 B
和久田優志 3年 184cm72kg 左左 左のサイドスロー、130km/h中盤を記録し威力でてきた B          
高田航生 2年
182cm78kg 右左
岐阜大会、県岐阜商を8安打1失点完投、ヒット許すも粘りが持ち味 B          
橋本侑樹 1年
177cm70kg 左左
岐阜大会決勝でリリーフし3回1/3をパーフェクト3奪三振に抑えた B          

 

 第2試合、両校とも能力の高い選手が揃う。日本文理は中学生の逸材を補強している。1年生の星 兼太選手はシニア大会で全国から注目された選手で入学すると1試合3本塁打を放つなど期待の選手。ただし新潟大会では主に1番を打つも結果を残せずに決勝ではスタメンから外れた。怪物候補の1年生が甲子園で活躍できるかに注目したい。また2年生の飯塚 悟史投手も148km/hを記録する素質の高い選手だが、とにかく四球が多くコントロールが安定していない。新潟大会ではそれでも粘り強く先発に起用し続けていたが、この試合で先発をさせるのか注目だ。

 対する大阪桐蔭も中学生の逸材を集め、その選手をうまく育てており戦力は厚い。中でも森 友哉選手はドラフト1位候補で特筆すべきは打撃力。難しい球はミートしてヒットし、甘い球は振りぬいてスタンドに運ぶ。また近田 拓矢選手は骨折でセンバツに出ておらずその後も不調だったが、大阪大会途中から復活を見せた。フルスイングでとにかく飛距離が出る。他にも辻田 大樹選手笠松 悠哉選手も飛距離は凄い。

 エースの葛川 知哉投手高西 涼太投手は実力が高いもののもう一皮むける事ができていない感じで歯がゆいが、最後の夏にそれを破れるか。

日本文理(新潟)   大阪桐蔭(大阪)
星兼太 1年
180cm72kg 左左
シニア全米大会で活躍した期待の選手、いきなり1試合3発 A   近田拓矢 3年 
180cm85kg 右右
春は骨折で出場できず、飛距離抜群のスラッガー B
小太刀緒飛 2年
180cm80kg 左左
投げては142km/h、走っても50m6.0秒記録 B   香月一也 2年 182cm84kg 右左 左のスラッガー、広角に強い打球を打てる B
飯塚悟史 2年
187cm76kg 右左
1年から期待の大型投手は148km/h記録し成長 A   水谷友生也 3年 175cm74kg 右右 遊撃手の守備力にプロ注目
          辻田大樹 3年 
177cm87kg 右右
2年生で4番を打ったが下位打線を打つ B
          森友哉 3年 
171cm80kg 右左
藤浪をリードし春夏連覇、18Uでも主軸
          笠松悠哉 3年 
179cm82kg 右右
昨年センバツで2本塁打、チャンスに強いバッティング B

 

 第3試合は箕島の復活に話題は行っているが、まずは日川の山田 基樹投手に注目したい。194cmの長身から投げられる146km/hの速球は威力十分。甲子園では150km/hを狙っており、球速は伸びるかもしれない。ただしまだ素材型でもある。決勝では6四死球を与えて5失点、球が高めに浮く場面もあり藤浪晋太郎投手にようになるにはもう少し経験が必要かもしれない。

 箕島は準決勝で8-1、決勝で10-1と点差、目立った選手は少ないが打線のつながりで点差を開いて勝利してきた。エースの須佐見投手は4試合33回を投げて20安打29奪三振で2失点と抜群の安定感を見せる。打線が山田投手を攻略できるかに注目だろう。

箕島(和歌山)   日川(山梨)
須佐見将馬 3年 182cm61kg 右右 球速130km/h台もキレのある直球で3完封     山田基樹 3年 
194cm88kg 右右
194cmから143km/hの速球を投げ下ろす B

PAGE TOP