夏の甲子園大会大6日目の見どころと注目選手

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球、夏の甲子園、第6日目の対戦カードと注目選手、注目ポイントをおさらいしてみます。

6日目第1試合

横浜高校は桐光学園・松井裕樹投手を打ち、東海大相模や平塚学園を完封に抑え、2年生の高濱選手、浅間選手、伊藤投手の成長が見て取れる。丸亀は177cm左腕エースの宮崎投手が横浜打線をどのように抑えるか。

丸亀(香川) 横浜(神奈川)
車谷康太 3年 172cm66kg 右左遊撃手の守備と1番打者としてチームを引っ張るC 浅間大基 2年 184cm80kg 右左1年時から活躍、一発もあるリードオフマンA
     高濱祐仁 2年 
182cm83kg 右右
中学時30本塁打を放ち、1年生で4番を打つA
     伊藤将司 2年
176cm73kg 左左
東海大相模、平塚学園を完封、1戦1戦成長しているB

 

6日目第2試合

小柄エースの大場投手は低めに140km/h台の速球をそろえることができる。控えの三輪投手なども注目の速球派。日大山形はプロ注目の遊撃手・奥村選手のリーダーシップで日大三の名前に向かっていけるか。

日大山形(山形) 日大三(西東京)
奥村展征 3年 177cm65kg 右左投/内投手だったが遊撃手に転向するとプロが注目するまで成長B 大場遼太郎 3年 167cm72kg 右右小柄だが147km/hの速球に安定感もありエースB
     新井仁盛 2年 180cm73kg 右右守備力が高い大型遊撃手、打撃で活躍見せられれば評価アップB
     三輪昴平 2年 176cm76kg 右右春季大会で148km/hを記録しブレークした。来年注目投手B

 

6日目第3試合

花巻東は岩手大会で登板機会の無かった二刀流・岸里選手に注目。長打力も魅力。彦根東は平尾投手の制球力を生かした投球術に注目。

花巻東(岩手) 彦根東(滋賀)
岸里亮佑 3年 181cm76kg 右左投/外投げても145km/h、打っても通算30本塁打の二刀流B 平尾拓也 3年 173cm70kg 左左コントロールの良い139km/h速球と大きなカーブ武器C

 

6日目第4試合

瀬戸内はプロ注目の小柄エース・山岡投手のピッチングが楽しみ。しかし甲子園1回戦では勝率が高い明徳義塾、馬渕監督がどのような攻略をするか。また2年生になった岸投手など素質の高い選手多い。

明徳義塾(高知) 瀬戸内(広島)
馬場雄大 3年 180cm70kg 右右痛烈な打球を放つパワーのある捕手B 山岡泰輔 3年 172cm66kg 右左 最速145km/h記録し36回52奪三振記録A
岸潤一郎 2年 
175cm70kg 右右
昨年甲子園で140km/h速球投げ活躍A     
小方聖稀 3年 
183cm84kg 左左
1年から期待の大型左腕も伸び悩んだ、最後の夏に期待B     
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント