プロ志望届けの提出締め切り、高校生71人、大学生56人で昨年より53人減、瀬戸内・山岡泰輔投手など主な提出しなかった有力選手

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース プロ志望 2013年ドラフトニュース

 昨日、10月10日にプロ志望届けの提出が締め切られた。高校野球連盟、全日本大学野球連盟のホームページで今のところ掲載されているのは、高校生71人、大学生56人となっており、今後、既に提出している選手の追加掲載があるかもしれないが、現時点で昨年より53人も少なく、大幅減少となる事態となった。

 今年は当初より候補者が少ない不作の年と言われ続けていたが、それが数字としても表れてしまった。

 高校生大学生
200477人 
2005112人 
2006103人 
2007106人101人
200894人112人
2009113人104人
201095人98人
201187人77人
201295人85人
201371人56人

 

 プロ志望届を提出しなかった主な選手は以下の通り

  名前チーム進路
高校生投手山岡泰輔瀬戸内社会人
飯田晴海常総学院東洋大
熊谷拓也平塚学園法政大
斉藤大将桐蔭学園明治大
榎本和輝京都翔英大学
吉川雄大智弁和歌山大学
大竹耕太郎済々黌早稲田大
本田建都文徳東海大
甲斐翼宮崎日大三菱重工長崎
山下敦大樟南福岡大
内野手熊谷敬宥仙台育英立教大
高田涼太浦和学院立教大
竹村春樹浦和学院明治大
中山悠輝PL学園東京ガス
前野幹博PL学園社会人
笠松悠哉大阪桐蔭立教大
水谷友生也大阪桐蔭法政大
外野手山根佑太浦和学院立教大
森龍馬日大三法政大
大学生投手関谷亮太明治大JR東日本
内野手河合完治法政大トヨタ自動車
外野手中嶋啓喜明治大JFE東日本

 

 日本高野連と全日本大学野球連盟はプロ志望届の提出を締め切った。高校生は桐光学園(神奈川)の松井裕樹投手ら71人、大学生は九州共立大の大瀬良大地投手ら56人が届け出た。

 高校日本代表の一員として、18Uワールドカップ(台湾)で準優勝に貢献した瀬戸内(広島)の山岡は、プロ志望届を提出しなかった。今夏の甲子園では初戦の明徳義塾戦で敗れたものの、鋭いスライダーを軸に2失点と好投。動画を見たダルビッシュ(レンジャーズ)から「これは一番だわ。プロにすぐ行くべき」と絶賛された逸材だが、今後は社会人野球に進む予定だ。

文徳・本田、東海大へ  - 西日本スポーツ:2013/10/11

 

ダル絶賛の瀬戸内・山岡投手は東京ガスへ  - ニッカンスポーツ・コム:2013/10/11

 レンジャーズ・ダルビッシュが「動画見たけど、これは一番だわと思いました。こういう人はプロにすぐ行くべきだと思います」とツイッターで絶賛した瀬戸内(広島)山岡泰輔投手(3年)は提出しなかった。社会人野球の東京ガス入りを希望している。

 以下主なプロ志望届未提出者と希望進路。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント