浦和学院・小島和哉投手が緊急登板、巨人、阪神、中日など5球団視察

浦和学院, 小島和哉

 春季高校野球埼玉大会では1回戦が行われ、昨年のセンバツ王者・浦和学院が栄北高校と対戦した。試合は接戦となり5回2アウトからライトで出場していた小島和哉投手が急遽マウンドに登るなど苦戦の末、4-3で浦和学院が勝利、小島和哉投手は4回1/3で2安打自責点0、という内容だった。

左肩痛で投球は3月から

 2年生で全国制覇をした左腕・小島和哉投手だが、左肩を痛めて投球は3月にようやく開始した状態だった。この日も6番ライトで出場していた。相手は栄北高校、全国制覇をした浦和学院ならば点差をつけて勝利するのではと予想されたが、5回までリードは2点しかなく、しかも2アウト、1,2塁の一打同点のピンチを迎える。

 ここで小島投手がマウンドに登る。投球練習もあまり行っていない中で登板すると、2ベースヒットを打たれて同点に追いつかれた。その後は9回までを投げきって無失点、最速140km/hを記録し4回1/3で2安打、自責点0という内容だったが、チームも8回に何とか1点を奪って勝利し、小島投手は「危うく負けるところでした」と反省した。

 小島投手も「打てるチームではないし、どれだけピッチャーが抑えるか」と話すとおり、1回戦から苦戦をした浦和学院、これから強豪チームと当たっていくが1戦1戦調子を上げて行けるのか、小島投手も昨年よりも成長した姿を見せるのか注目される。

 

5球団が視察

 登板があるかどうかは分からない試合だったが、スタンドには巨人、阪神、中日など5球団のスカウトが視察した。昨年に2年生で活躍した投手では、済美の安楽智大投手、前橋育英の高橋光成投手、そして浦和学院・小島和哉投手と3人とも故障し、今年はまだ思ったような投球が見せられていない。

 それでも昨年あれだけの投球をした3投手だけに、スカウトとしては今年、1回でも良いので良い投球を見せて欲しいところだろう。このままではドラフト会議でリスクを取って指名することになり、球団によっては好調の大学生投手や今年好投している、佐野日大・田嶋大樹投手などの指名に切り替える所もでてくるだろう。

 

 浦和学院(埼玉)の昨春センバツ優勝投手の左腕・小島が今春初めて公式戦に登板した。

 巨人など国内5球団のスカウトが視察する中「6番・右翼」で先発し、2点リードの5回2死一、二塁から救援。同点の適時二塁打を許したが、6回以降は無失点に抑えた。3月に左肩を痛め、投球を再開したばかり。慣れない外野からの登板に「危うく負けさせるところだった。(救援は)夏もあると思うのでしっかり準備したい」と話した。

浦学・小島リリーフ、7ヶ月ぶり勝利 - ニッカンスポーツ紙面:2014/4/26

 

小島ヒヤヒヤ - スポーツ報知:2014/4/26

 


PAGE TOP