【高校野球】岩手大会:ドラフト注目度B

松本裕樹, 小原和樹, 高橋樹也, 高橋柊也, 吉田開, 太田亮佑, 小野寺祐人, ミヒニャック晏治英

 夏の高校野球岩手大会の組み合わせが決まった。春の東北大会は決勝が花巻東vs盛岡三という岩手県同士となり、また盛岡大付の松本裕樹投手は150km/hを記録し、ドラフト上位候補として注目されている。しかし、その他に目立った候補がまだ少なくドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏、昨年秋、そして今年春と花巻東が優勝し、今春は東北大会でも優勝して優勝候補筆頭なのは間違いない。また、春の勢いがある盛岡三、それに上位常連の盛岡大付、一関学院が軸となりそうだ。

 強豪私学に対し、盛岡三や昨年秋準優勝の久慈工などがどんな戦いを見せるかが注目となる。

 

プロ注目選手

 何と言っても盛岡大付・松本裕樹選手の注目度が高い。投げては150km/hを記録し、打っても49本塁打を記録と、岩手の先輩・大谷翔平選手や、昨年に145km/hを投げ32本塁打を放ちドラフトで北海道日本ハムから7位指名された岸里亮佑選手と共に「二刀流の系譜」を継いでいる。

 150km/hを記録したという事で投手として評価したいが、野手として評価するスカウトもいるようで、今後どのように成長していくのか楽しみだ。

 2年生では盛岡三の小原和樹選手が注目だろう。春に2試合連続ホームランなど既に高校通算23号ホームランを記録、兄で慶応大の小原大樹選手も花巻東時代に注目されたが、和樹選手の方がさらに評価は高まるかもしれない。

 

その他の注目選手

 花巻東には外野手で180cmあり打撃センスの高い太田亮佑選手や、春季大会で好投した180cmの左腕・小野寺祐人投手、さらに佐々木竜次投手や2年生の高橋樹也投手など、注目される選手が集まっている。

 専大北上のミヒニャック晏治英投手は193cmの大型投手で138km/hを投げるという。また同じ専大北上の2年生・吉田開選手も楽しみな外野手。

 一関学院の2年生・高橋柊也捕手は1年生からレギュラーとして出場しており、けがをしていたが復活して4番を打っている。

 2年生の逸材が多いが、3年生も最後の夏に奮起することだろう。


PAGE TOP