【高校野球】宮城大会:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 昨年は福岡ソフトバンクにドラフト4位で指名された上林誠知選手が、他にも東京ヤクルトスワローズの佐藤貴規選手、東北楽天の木村謙吾選手などプロ野球選手を輩出していた仙台育英、上林や熊谷敬宥選手、馬場皐輔投手などがいた昨年に比べると、やや注目度は低い。

 またその仙台育英を越えるような注目選手も少なく、ドラフト注目度はC。

地区

 昨年夏、昨年秋、今春と仙台育英が優勝、特に春は宮城大会決勝で東北高校を12-2で下すなど圧倒的な強さを見せている。隙がないわけではなさそうだが、他のチームの力が追いついていないような印象だ。

 対抗馬としては、センバツに出場した東陵、強豪の東北高校、古川学園などが挙げられる。

 

プロ注目選手

 仙台育英の梅津晃大投手は190cmから投げおろす140km/hの速球があり、プロが注目している。しかし6月の練習試合で左手首に死球を受けて骨折をしてしまった。夏の大会までには間に合うようだが状態が心配される。

 しかし、2年生の佐藤世那選手は180cmから最速144km/hの速球を投げ、低めに伸びる球を投げるという。野手でも4番を打つ佐藤聖也選手は力強さがあり、2年生の平沢大河選手も主軸として評価が高い。

 

その他の注目選手

 古川学園のエース・堀江一朗投手は最速143km/hを投げる178cm右腕で、プロも目を留める投手だと思う。また聖和学園の吉田直央投手は181cmから141km/hを投げる素質の高い選手。

 東北高校の2年生・石井昭仁選手は東京神宮リトルシニアで4番を打ちホームランをかっ飛ばしていたスラッガー。成長に期待したい。

 昨年の岩出山・今野龍太投手のようなびっくりするような新星が出てくるかもしれない。白石工の勅使瓦浩大投手という選手がいる。146km/hを記録する投手と言われており、隠し玉候補としてスカウトも足を運ぶことになるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント