【高校野球】広島大会:ドラフト注目度B

吉川雄大, 山岡就也, 生島忠佑, 谷浩志, 古賀尊, 向井翔也, 小野翼

 夏の高校野球広島大会の組み合わせが決定した。大学生のドラフト候補では広陵高校出身の早稲田大の有原航平投手、広島工出身の法政大・石田健大投手が注目され、昨年も新庄・田口麗斗投手、瀬戸内・山岡泰輔投手が注目された。

 今年の広島県のドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は瀬戸内高校、昨年秋は新庄高校が優勝し、この春は広陵が優勝、準優勝が広島工となっている。他にも如水館、盈進、広島商、崇徳など強豪校が控える。

 組合せではセンバツ出場ながらノーシードとなった新庄が如水館の山に入った。他にも崇徳、尾道商などが入り厳しいブロックとなりそうだ。

 

プロ注目選手

 新庄の山岡就也投手に注目が集まる。144km/hの速球を投げるサウスポーで、センバツでも東海大三戦で2安打13奪三振完封、桐生第一戦では延長15回を投げ切り1失点と実力を見せた。

 春以降の下半身を強化し、さらに安定度を増しているという山岡投手、昨年同様に新庄高校の試合にスカウトが集まるだろう。

 もう一人、プロが注目するのが盈進の谷浩志投手。184cmの左腕投手で球速は130km/h台だが、がっしりとした体格からコンパクトな腕の振りで、力を入れなくても伸びる球を投げる。

 球速が伸びればかなりの投手になりそうなで、大学に進んだとしても4年後は上位候補になるそうだ。プロが早いうちから獲得することも考えられる。

 

その他の注目選手

 広陵高校には例年通り素晴らしい投手が揃う。エースの吉川雄大投手は167cmと小柄な左腕で142km/hを記録し、エースとして安定感を見せる。他にも3年生では185cmから141km/hを記録する生島忠佑投手、145km/hの速球を投げる古賀尊など、他のチームならエースとなりそうな投手が揃う。

 広陵高校出身の選手は、大学などで成長しプロで活躍を見せる選手が多い。追ってゆきたい。

 広島工の向井翔也投手は最速142km/hの速球と90kg/h台のカーブでタイミングを外す。崇徳高校の森山元太投手も140km/hの速球を投げる。

 打者では近大福山の小野翼選手が183cm90kgの身体から高校通算17本の長打力がある。体格と飛距離にプロのスカウトも注目しているようだ。

2014年度以降-高校生-広島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP