【高校野球】東東京大会:ドラフト注目度B

鈴木優, 池田瞳夢, 秦匠太朗, 伊藤優輔, 羽毛田晶啓, 岩成亮祐, 鎌田光, 上島迅翔, 田中裕貴, 舛田崚, 長島隼輝

 本日開会式が行われる東東京大会、二松学舎大付に高校通算50本の秦匠太朗選手が注目されるものの、ドラフト上位候補として注目される選手は少なく、ドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は修徳、昨秋は関東一、今春は成立学園が優勝をしている。帝京、二松学舎大付も上位に絡み覇を争う。

 しかし今年は都立に好投手が目立ち、投手の状態によって私学は倒される試合も出てくるだろう。都立雪谷、都立小山台、そして都立広尾に注目が集まる。

 

プロ注目選手

 都立雪谷の鈴木優投手は180cmから145km/hの速球と、スライダー、カーブ、ツーシーム、スプリットといった多彩な変化球を投げ、メジャーリーグも含めて8球団以上が注目をしている。高校から投手を始めた事からまだまだ成長途上にあり、将来性も含めて評価されている。

 二松学舎大付の秦匠太朗選手は、高校通算50本塁打を記録している。いかにも力がありそうな身体から場外にボールを運ぶ迫力のあるバッティングを見せる。金属バットを使った打ち方ではなく、バットをしなるように使える。

 

その他の注目選手

 関東第一の羽毛田晶啓選手は182cmの身体があり、2年時から活躍して最速142km/hを投げるが、その素質からもっと成長するかと予想されていた。また捕手の池田瞳夢選手も強肩は評価されるが、身体が大きくないだけにやや評価されにくい。

 都立小山台の伊藤優輔投手もセンバツで大量失点をし、春季大会でも制球を乱すなど評価しにくい状況となっている。177cmから140km/hを記録する投手だけに、大学経由で成長を期待したい選手。

 その中で注目され始めたのが都立広尾の舛田崚投手で、春季大会で日大鶴ケ丘を相手に延長15回を1-1で引き分ける好投を見せた。最速141km/hを記録するストレートは力があり、強豪私学でもてこずるだろう。

 また東京実業の鎌田光選手は投手では130km/h後半を、打っても鋭い打球を放ち実力をプロが評価している。芝高校の田中裕貴投手は188cmの大きな体から137km/hの速球を投げ、学力と共に将来が期待されている投手。修徳の上島迅翔投手も1年秋に右ひじを手術してからようやく登板できるようになった。186cmの大型右腕に注目したい。

 成立学園の岩成亮祐選手は1年春からレギュラーとなり活躍を見せていたが、最終学年となる。

 


PAGE TOP