【高校野球】茨城大会:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 本日開幕する高校野球茨城大会、昨年の内田靖人選手のようなドラフト上位候補に名前の挙がる選手は今の所いないが、この夏に一気に評価を挙げそうな投手がいる。2年生に注目の選手も多くドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏と今春は常総学院が制し、昨年秋は霞ヶ浦が優勝している。常総学院は戦力も厚く優勝候補筆頭なのは間違いないが、霞ヶ浦がここ数年あと一歩の所まで来ている。

 5季連続で決勝を戦う常総学院と霞ヶ浦、果たして6季連続の決勝はあるのか、そして結果は。

 

プロ注目選手

 つくば秀英の鈴木康平投手にプロが注目をしている。鈴木投手は186cm80kgの大型右腕で、2年までは138km/hだったが3年になり143km/hを記録した。のびやかなフォームが特徴で大谷翔平投手のような雰囲気も持つ。この夏に一気に評価が挙がるかもしれない。

 またもう一人、下館工の谷中規彦投手は178cmから142km/hの速球を投げ、ストレートと同じ腕の振りで投げられる鋭いスライダーはプロのスカウトもうならせる。

 

その他の注目選手

 常総学院では甲子園でホームランを放った眼龍達矢選手や1番の進藤逸選手が素質が高く、エースの金子雄太投手も172cmながら143km/hを投げ、昨年の飯田晴海投手のような安定感を見せる。

 霞ヶ浦のエース・上野拓真投手は165cmの小柄な左腕だが、抜群の制球力で打者を打たせて取ることも、三振を奪う事もできる。

 また明秀日立に選手が集まっている。2年生の孫大怜也投手は180cmから140km/hを投げる右腕、月沢一樹投手は137km/hを投げる左腕、そして大友喬太投手は186cmの大型投手で、2年生トリオが来年のドラフトで注目されるかもしれない。

 2年生では土浦湖北の大関友久投手が186cmの長身左腕、制球が良くなれば注目される逸材。その他にも水戸商の左腕・赤堀壮投手、鹿島学園の145km/h右腕・高木寿投手など、素質のある選手が多い。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント