【高校野球】西東京大会:ドラフト注目度C

三輪昴平.釘宮光希.四戸洋明.坪井将希.加藤雅樹.北竜馬.長島隼輝

 本日開会式が行われている西東京大会、日大三の149km/h・三輪昴平投手などがいるものの、ドラフト上位候補には挙げられていない。素質の高い選手は多いものの、ドラフト会議で指名される可能性が高いと思われる選手は多くなく、ドラフト注目度はC。

地区

 昨夏は日大三が甲子園出場をしているが、昨秋は日大三がベスト4、今春も日大鶴ケ丘がベスト4止まりで、決勝は東東京のチーム同士の対戦となった。

 日大三、日大鶴ケ丘、国士舘、早稲田実、東海大菅生、国学院久我山、創価など名のある強豪はいるのだが、実力を出し切れていない。

 明大中野八王子や八王子などに十分優勝のチャンスはあると思う。

 

プロ注目選手

 日大三の三輪昴平投手は149km/hの速球を投げ、良い時は全く打てないピッチングを見せる。しかし波があり制球が悪い時はとたんに崩れる場面もあり、最後の夏にその点で成長がみられるか。

 日大三では釘宮光希選手が中学時代から注目されていた素質を伸ばし投手としてもエースに、また打撃でも3番を打ちチームに中心選手となっている。最後に活躍を見せれば評価は挙がるかもしれないが、先輩が進学している事からもドラフトでの指名は大学経由という事になりそうだ。

 

その他の注目選手

 国士舘高校の四戸洋明投手は184cmから143km/hの速球を投げる実力がある。線が細くこれから成長していく投手だと思う。

 明大中野八王子の坪井将希投手は172cmと小柄だが143km/hの速球に通算20本塁打、推定130mのホームランも放つなど、身体にパワーがみなぎる選手。

 早稲田実業には2年生ながら既に20本塁打を放っている加藤雅樹選手が注目される。一本足打法からの飛距離はみていて気持ちが良い程。

 佼成学園の北竜馬選手はパワーのある打撃と遊撃手の守備に評価の高い選手、都立片倉の長島隼輝投手も138km/hの速球を投げる。

 


PAGE TOP