智弁学園・岡本和真選手が2本のタイムリー2ベースなど3安打、広島、埼玉西武など6球団スカウト視察

智弁学園, 岡本和真

 高校野球奈良大会では智弁学園の岡本和真選手が2本のタイムリー2ベースヒットを記録し、勝負強さを見せた。この試合には広島、埼玉西武など6球団のスカウトが視察に訪れている。

同点とダメ押しタイムリー

 3回戦の相手は奈良高専、先制を許し0-1で迎えた3回に、1アウト1,2塁の場面で岡本和真選手が打席に入ると、左中間に外野の頭を越えるタイムリー2ベースヒットを放ち同点とした。

 8回には5-1で2アウトランナー2塁の場面でセンターの頭を越すタイムリー2ベースヒットを放った。5回にもセンター前ヒットを放っており、この日は5打数3安打2打点、2本の2ベースだった。

 「しっかり打てた」と話す岡本選手、2試合連続ホームランこそ出なかったが、打撃は好調のようだ。

 

6球団のスカウトが視察

 高校NO1スラッガーの評価は夏も試合の度に上がっていく。この日は広島、巨人、埼玉西武など6球団のスカウトが視察に訪れ、広島の鞘師スカウトは、「まるで和製エルドレッド。技術的にはロングを左右に打ち分けられる。変化球も苦にしない。体のキレが出たらもっと良くなる」と話し、プロ野球でクリーンナップを打てる選手」と評価づけた。

 また巨人の渡辺スカウトも「長打力は高校生では抜けている。長距離打者は苦手な変化球もあるが、変化球も打てる」と話し「おかわり君になれる可能性はある」とこちらは和製大砲を比較対象に挙げていた。

 スラッガータイプとしては、日本文理の飯塚悟史選手もいる。岡本選手は守備も一塁手ではあるが、高校生スラッガーではNO1の評価で、横浜高校の浅間大基選手に次ぐ評価を受けていると言えそうだ。ドラフト会議では上位で消える事になる。

 

 広島、西武など6球団が視察。広島の鞘師(さやし)スカウトは、セ・リーグで断トツの本塁打数を誇る自チームの助っ人になぞらえた。「まるで和製エルドレッド。技術的にはロング(長打)を左右に打ち分けられる。変化球も苦にしない。体のキレが出たらもっと良くなる」。本人も体のキレへの意識を高く持ち、この春からは人一倍、ウオーミングアップを入念にしているという。

 ネット裏では、プロ6球団のスカウトが視察した。巨人の渡辺スカウトは「長打力は高校生では抜けている。長距離打者は苦手な変化球もあるが、(岡本は)変化球も打てる」と評価し「おかわり君になれる可能性はある」と西武・中村剛也2世と評価した。


PAGE TOP