盛岡大付・松本裕樹投手が149km/hで1安打完封、8球団のスカウト視察で評価急上昇

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 高校野球岩手大会では盛岡大付の松本裕樹投手が公立の強豪・盛岡三を1安打完封、最速は149km/hを記録した。このピッチングにプロのスカウトも評価も急上昇している。

9回に149km/h

 松本裕樹投手は140km/h中盤のストレートと多彩な変化球で2回まで4奪三振、3回からは打たせて取るピッチングで3回にヒットを許したものの、すいすいと打ち取っていく。そして6回からは再び三振を奪う投球に切り替え4回で6奪三振と、ペース配分も考えてこの試合を104球で1安打完封した。

 縦と横のスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、ツーシームなど多彩な変化球で9回2アウトまで9つの三振を奪うと、9回2アウトから三振を狙ったこの日102球目に149km/hを記録している。

 盛岡三は春の東北大会で準優勝になった強打のチームだったが、まだまだ十分余力を残すようなピッチングで完璧に封じた。

 

8球団のスカウト視察、福岡ソフトバンクなど大絶賛

 この日は、巨人、阪神、広島、東京ヤクルト、福岡ソフトバンク、埼玉西武、北海道日本ハム、オリックスの8球団のスカウトが視察に訪れ、埼玉西武は渡辺SD、鈴木球団本部長など幹部クラスが視察に訪れた。

 福岡ソフトバンクの作山スカウトは、「きょうが一番良かった。初球から変化球を使ってカウント取るなど、丁寧に慎重に投げていた。勝負球の精度も強さもずぬけている。メリハリの利いた投球だった」と評価し、同じく福岡ソフトバンクの山崎スカウトも「まだ余力がありそう。さらなる成長が楽しみ」と話した。

 元々、1年生から注目されて済美の安楽智大投手、大和広陵の立田将太投手と並んで名前が挙げられていた投手だったが、3年春には150km/hを記録し、安楽投手、前橋育英の高橋光成投手等と共にドラフト上位候補と評価されていた。

 この夏だけで見ると、安楽投手、高橋投手以上の投球を見せており、二人がドラフト1位で消えるならば、松本投手もドラフト1位で消えるだろう。大学生投手の評価が若干微妙になる中で、単独1位指名をしてくる球団があるかもしれない。

  変幻自在だった。2回までに4三振を奪うと、3~5回は打たせて取り、6回以降は4イニングで6三振。「打ってもらった方が楽なので」。ペース配分を考えたかのように、最後の104球目まで力強く腕を振り、9回にこの日最速の149キロを計測。「数字が出るのはいいこと」と笑顔を見せた。

 ネット裏では8球団のスカウト陣が視察。ソフトバンクの山崎スカウトは「まだ余力がありそう。さらなる成長が楽しみ」と、将来性を高く評価した。

 飄々としたマウンドさばきで、松本がスコアボードに9個のゼロを並べた。1安打10奪三振。余力を残した104球の完封劇だった。

 「絶対に負けられない、と思って投げた。自分が考えていたよりもよかった。今日のような投球をして、甲子園に行きたい」

 68センチの太もも、分厚い胸板の安楽と違い、松本は身長1メートル83、体重80キロのスラリとした体形。24日に3年連続で花巻東と決勝を戦う。松本はマウンドさばき同様、涼しい顔だった。

 ネット裏には、巨人、阪神、広島、ヤクルト、ソフトバンク、西武、日本ハム、オリックスの8球団のスカウトが集結した。松本の今大会の全登板を視察しているソフトバンク東北担当の作山スカウトは、「きょうが一番良かった。初球から変化球を使ってカウント取るなど、丁寧に慎重に投げていた。勝負球の精度も、強さも(高校生では)ずぬけている。いつもより、さらにメリハリの利いた投球だった」と高評価した。また、西武も渡辺SD、鈴木球団本部長の幹部クラスが視察に訪れるなど、“松本人気”をうかがわせた。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント