2015年センバツ高校野球出場校予想

 デイリースポーツ紙は週刊デイリー高校野球の中で、2015年センバツ大会の出場校予想をしており、チームのキーマンなどを記事の中で紹介している。当ページでも出場がほぼ確実とみられるチームと注目選手を、2015年センバツ出場当確高校と注目選手 でまとめている。

センバツ出場校予想

北海道1枠

 優勝した東海大四が間違いない。エースの大沢志意也投手は明治神宮大会で宇部鴻城を7回1失点に抑えた。浦和学院に打ち込まれまだまだだが、筋の良さが光る。

東北3枠

 仙台育英が明治神宮大会に優勝して3枠となった東北地方、その仙台育英は平沢大河選手、佐藤世那投手のコンビに、その他のメンバーも強い打球を放つ選手が多く、来年の高校野球で注目度は最も高い。

 東北大会準優勝の大曲工も確実、ベスト4の八戸学院光星と鶴岡東のいずれかが選ばれるが、仙台育英に敗れた八戸学院光星が有力だろう。

関東・東京6枠

 関東ベスト4の浦和学院、木更津総合、健大高崎、常総学院と東京優勝の東海大菅生は確実。浦和学院の江口奨理投手の安定感は際立つ。健大高崎は柴引良介選手や柘植世那選手がプロ注目、東海大菅生の勝俣翔貴選手は明治神宮大会で投球もさることながら、打撃でもホームランを放ちプロが注目した。

 残り1枠は東京から選出されることは多く二松学舎大付が候補となるが、明治神宮大会で浦和学院が東海大菅生に6-1で勝利したことで、関東大会ベスト8の中で、浦和学院に敗れた猛打の東海大甲府と注目の1年生投手・高田孝一のいる平塚学園も候補に挙がるか。

北信越2枠

 優勝の敦賀気比と準優勝の松商学園で決定的。敦賀気比は夏の甲子園で猛打を見せた打線とエースだった平沼翔太投手がおり、さらに明治神宮大会では期待の1年生・山崎颯一郎投手にも経験を積ませた。松商学園も体の大きな選手がそろい、力は十分。

東海2枠

 優勝した静岡高校は東海大会で抜群の強さを見せた。しかし明治神宮大会で初戦敗退、投手力に課題を残している。準優勝の県岐阜商は最速152km/hの速球を投げる高橋純平投手が怪物候補。来年の高校生の中心選手となるだろう。

近畿6枠

 ベスト4の天理、立命館宇治、龍谷大平安、奈良大付は出場確実と言える。また天理に敗れ、大阪大会で優勝している大阪桐蔭もほぼ確実。龍谷大平安は昨年センバツ優勝投手の高橋奎二投手、元氏玲仁投手が3年生となる。冬にどれだけ成長を見せるか。また打線の立て直しがカギとなる。

 初出場となりそうな奈良大付の坂口大誠投手は140km/hの速球を投げる力のある投手で、成長に期待したい。

 6校目はベスト8の中から、近江か箕島という事になりそうだが、準優勝の立命館宇治に2-6と敗れた近江がやや有利か。

中国・四国5枠

 中国四国はそれぞれの優勝、準優勝、宇部鴻城、岡山理大付、英明、今治西は確実となる。明治神宮大会では結果を残せなかったが、期待させる球を投げた宇部鴻城の上西嵐満投手と英明の田中寛大投手は大会注目投手となりそう。冬に成長を期待。

 両地区とも代表が明治神宮大会初戦で敗退したが、宇部鴻城が東海大四に1-9で敗れたのに対し、英明は敦賀気比に5-7と接戦を演じた。四国ならばベスト4の中で英明に敗れた高知高が有力か。中国ならば宇部鴻城に0-1で敗れた米子北が有力。選考で最も難しい判断となりそうだ。

九州4枠

 九州はベスト4の4校が確実か。九州学院、糸満、神村学園、九産大九州となる。4チームとも絶対的な注目選手や強さはまだ感じられず、冬を越しての成長に期待したい。

 

センバツ出場大予想 デイリースポーツ紙面 2014/11/26

 


PAGE TOP