2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~高校生関東編~

小笠原慎之介, 吉田凌, 大下誠一郎, 山田知輝, 原嵩, 加藤雅樹, 大関友久, 大友喬太, 檜村篤史, 豊田寛, 勝俣翔貴, オコエ瑠偉, 柘植世那, 下地滉太, 渡邉大樹, 望月惇志

 今年もあとわずか、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、楽しみな来年のドラフト候補を探してみます。今日は関東地方の高校生。

名門校

 東海大相模は140km/hカルテットとして注目された投手のうち、吉田凌投手と小笠原慎之介投手が残っており、吉田投手は夏の決勝の20奪三振が、小笠原投手も甲子園で見せた140km/hの速球と完成度の高いピッチングで評価が高い。

 また野手でも豊田 寛選手、杉崎 成輝選手、千野 啓次郎選手、長倉 蓮選手選手と豪華メンバーが揃う。同校は進学する選手も多く、進路に注目される事になりそうだ。

 桐生第一のエース・山田知輝投手は184cmの体からゆったりとしたきれいなフォームが特徴で球速はまだまだだが伸びる球が魅力、センバツでも実力を十分示しており指名候補となる。また作新学院の朝山 広憲選手も投手としても魅力があるが、今年夏の甲子園で初打席でホームランを放つなど野手としての魅力がある。

 白鴎大足利の大下 誠一郎選手も小柄ながらフルスイングが見事な選手で1年時からチームの4番を打ち甲子園出場に導いている。健大高崎の柘植 世那選手も強肩と強い打撃で甲子園で力を見せた。

 関東第一のオコエ 瑠偉選手は183cmの身長で50m6.2秒の足があり、身体能力がスバ抜けている。能力的にはオリックスにドラフト2位で指名された宗佑磨選手クラスかもしれないが、外野手という事でどこまで評価が上がるのかは分からない。

 東京では早稲田実で1年生から4番を打ち通算20本塁打の加藤 雅樹選手も注目されそうだ。

 常総学院では宇草孔基選手が俊足の内野手として評価が高い。しかし現時点で実績で抜け出しているのが東海大菅生の勝俣 翔貴選手だろう。明治神宮大会では打たれはしたものの力のある投球を見せ、また打撃でもきっちりホームランを放ってアピールしているのが素晴らしい。

 

隠れた逸材

 明秀日立の大友 喬太選手は186cmの大型選手で、140km/h前後の球を投げ、打っても特大のホームランなど20本塁打を記録する。関東大会では3番手でマウンドに上り四球とヒットでランナーを貯めて返され敗戦投手となった。素質は高いがまだ荒削りでこの悔しさが冬にバネとなって成長することを期待したい。

 茨城県では土浦湖北高校の大関 友久投手も186cmの左腕投手、球速は130km/h台で制球に課題もあるようだ。

 専大松戸の原 嵩投手は1年生から注目されていた185cmの本格派。最速146km/hを投げる。今年最後となる横浜高校との練習試合でも5安打8奪三振で145km/hを記録して完投し、来年に向けて順調にきているようだ。

 また専大松戸では渡邉 大樹選手が181cmの大型遊撃手で50m5秒台の俊足を見せ注目されそうだ。千葉県では木更津総合の檜村 篤史選手も1年生で甲子園を経験し4番を打つ大型遊撃手として注目される。

 神奈川では横浜創学館の望月 惇志選手に期待したい。188cmから145km/hの速球を投げる投手。大敗を喫するなどまだ未完成だが素質は十分。また大師高校の佐々木 塁投手は180cmの投手で130km/hながら伸びる球を投げる投手。

 毎年素晴らしい捕手を育てる日大藤沢には今年も下地 滉太選手という捕手がおり、182cmの大型の体とセカンドまで1.9秒と言われる強肩を持つ。

2015年度-関東のドラフト候補リスト


PAGE TOP