県岐阜商・高橋純平投手、スカウトが注目するピッチングの凄さ

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 センバツに出場する県岐阜商の高橋純平投手、昨年秋の東海大会でスカウト達が高い評価をした。人柄やピッチングの巧みさにも注目されている。

2014年東海大会のピッチング

 高橋純平投手は高校入学直後に145km/hを記録して注目されていたが、2年夏まで甲子園に出場する事ができず、力が勝利につながらない所があった。しかし2014年東海大会、チームのエースとなった高橋投手は3安打12奪三振で完封勝利を挙げると、続く誉高校(愛知1位)も3安打11奪三振で完封し、いなべ総合戦でも完投して1失点(自責点0)に抑えた。

 決勝でも強打の静岡高校を5回まで投げて4安打1失点に抑えていた。そこで疲労を考慮し、また既にセンバツ出場を当確にしていたこともあってお役御免と降板すると、静岡打線は息を吹き返して6点を奪いチームは逆転負けをする。しかしこの強打の静高打線を抑えていた高橋投手の凄さを証明する形となった。

 津西戦では140km/h前後のストレートで中盤まで抑えていたが、津西の村田監督が「140キロくらいの速球なら打てるという自負もあった。でも、彼は中盤くらいまではかなり抑えて投げていたが、速球は今までにみたことのないキレでした」と話し、球速だけでなくキレもある投手と評価している。

 そしてピンチも無く7回まで抑えて2-0でリードの8回に1アウト3塁のピンチを背負うと、ここで高橋投手はこれまでの140km/hのピッチングから一転、152km/hを記録して2者連続三振に抑えたという。

 

スカウトも騒然

 速球派投手として、また名門の県岐阜商と言う事もありスカウトも当然高橋投手をこれまで見ていたのだが、この大会で騒然となったという。12球団のスカウトに加え、メジャーリーグのスカウトも高い評価をした。あるスカウトは、「183センチと上背がありますが、まだ身長は伸びている。体ができてくれば、もっと球速も伸びますよ。」と話した。

 カーブとスライダー、スプリットなどもキレが良く、総合的な投手としての能力が高い。しかもまだ成長途中にあるという点は、スカウトにとってワクワクがとまらないだろう。

 センバツではさらに秋を上回る球を投げる可能性がある、高橋投手はまだ途上の選手だ。

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

  「われわれも打線には自信のあるチームでした。県内外のドラフト候補の投手と何度も対戦しているし、140キロくらいの速球なら打てるという自負もあった。でも、彼は中盤くらいまではかなり抑えて投げていたが、速球は今までにみたことのないキレでした」

 圧巻は、県岐阜商が2-0のリードで迎えた8回だった。二塁打などでこの試合では初めて1死三塁のピンチを背負ったが、自己最速の152キロをマークした剛球で2連続奪三振。すでに球数は100球を超えていたが、涼しい顔でベンチに引き揚げていった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント