浦和学院、山崎滉太選手が6打数4安打2打点、千葉ロッテスカウトが注目

浦和学院, 江口奨理, 山崎滉太, 小倉匡祐

 センバツ優勝候補の浦和学院は、キャンプ地の沖縄で浦添商、浦添高校と練習試合を行い、Wエースが安定感を示し、また4番・山崎滉太選手が特大の2ベース2本など、2試合6打数で4安打2打点を記録した。

フェンスが無く2ベースに

 4番の山崎滉太選手は180cmの一塁手、身長の大きな選手が少ない浦和学院で、ひときわ大きな体が映える。この日は2試合目の浦添高戦で3回にレフトオーバーの2ベース、5回にもレフトオーバーの2ベースを記録した。

 2本とも推定100mオーバーだったようだがこの球場にはフェンスが無く、もしフェンスがあればホームランだった当たりだった。

 この打撃に千葉ロッテの永野チーフスカウトは「遠くに飛ばすパワーがあるし、甘い球を一発で仕留める能力もある」と評価した。浦和学院の4番がセンバツで一気に花開くか。

 

Wエースも安定

 また、投手陣ではWエースが1戦目の浦添商戦に登板し、江口奨理投手は初回に1失点したものの、その後は感覚を取り戻して3回を2安打1失点に抑えた。また小倉匡祐投手も7回から登板し、2四球を与えるも3回で5つの三振を奪いノーヒットに抑えた。

 左腕二人が安定し、4番も好調の浦和学院、センバツでは中心となる。

浦和学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 

 両左腕は、1試合目の浦添商戦にそろって登板。先発した江口は初回先頭への初球でいきなり三塁打を浴び、この回1点を失ったが、以降は立ち直り3イニングを2安打1失点。7回から登板した小倉は2四球を出したが、3イニングで5三振を奪い、無安打無失点。甲子園に春夏5度出場の浦添商を相手に貫禄を示した。

 2試合目の浦添戦では、プロ注目の4番・山崎滉太一塁手(新3年)が二塁打2本を含む3安打2打点の活躍。打線が11安打とつながり快勝した。


PAGE TOP