ドラフト候補選手がホームラン続々

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 センバツ大会の準々決勝ではプロが注目する選手が続々とホームランを記録した。

ドラフト候補、続々ホームラン

敦賀気比・平沼翔太選手

 投手としてもプロが注目する平沼翔太選手で本人も投手志望が強いが、プロのスカウトは野手としての可能性を感じているようだ。この日も投手として9回を4安打9奪三振で3失点完投したが、打撃でも初回に先制の2ランホームランを放った。

 低く構えて力を溜めたフォームから一気に振り抜く打撃は、敦賀気比の先輩で青山学院大で今年のドラフト1位候補にも挙がっている吉田正尚選手などに近い感じを受ける。プロ志望の平沼選手だが、プロが野手での獲得を臨んだ場合は大学に進学を決めるかもしれない。また、野手としてやっていくと決めたとしても、多くの先輩が進学したように大学で経験を積んでからプロへという選択をするかもしれない。

 まずは準決勝の大阪桐蔭戦で、昨年のリベンジを果たし、そしてその先に決断の時が待っている。

 

大阪桐蔭・福田光輝選手

 福田選手は遊撃手の守備も注目されるが、長打力もあり3番打者として期待されていた。しかし初戦は3打数1安打に終わると2回戦から7番に降格されてしまう。そして迎えたこの日、5回の第2打席で高校通算16号となるホームランを放ち、7回にもヒットを記録して4打数2安打、ようやく調子が上がってきた。

 福田選手は遊撃手として注目されており、浅村栄斗選手や森友哉選手のように即プロに入る可能性もある。ただしまだ線が細い所もあり、水谷友生也選手(法政大)や水本弦選手(亜細亜大)のように進学の可能性もある。

 

常総学院・宇草孔基選手

 183cmの大型セカンドで、大会屈指の俊足選手でもある常総学院の宇草孔基選手は、この日の大阪桐蔭戦で先頭打者で初球を振り抜くと、バックスクリーン右へのホームランとなった。長打力もあり高い身体能力のある大型内野手は、甲子園からは姿を消したが、今後スカウトが何度も足を運んでチェックをすることになりそうだ。

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

 

 3点リードの5回、1点を返されなおも2死二、三塁で鈴木の飛球を中堅・山本が落球し同点とされた。一気に崩れかけそうになったが、「ミスはつきもの」と切り替え、6回以降は1安打に抑えた。初回に右翼ポール際へ甲子園初アーチとなる先制2ランと投打に活躍。

 悩める主将の一発で、大阪桐蔭が息を吹き返した。福田は2点を追う5回1死、内角直球を引っ張って右中間スタンドへ放り込み、一塁ベースを回ると右腕を突き上げた。「気持ちで引いていたらアカン。自分の一打でみんなを乗せてやろう」。打撃不振のため、2回戦(対八戸学院光星)では3番から7番に降格したが無安打。その悔しさをぶつけた一打が7回の逆転劇を呼び込んだ。

 初回、宇草がプレーボール直後の初球を中越え本塁打。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント