日大三の小藤翼捕手が3試合連続弾&2打席連続弾、関東第一・オコエ瑠偉も封じる

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 春季高校野球東京大会では、日大三が関東第一に勝利して関東大会出場を決めた。捕手の小藤翼選手が打撃と守備でチームの勝利に貢献した。

3試合連続、今大会5本

 小藤翼選手は準々決勝、準決勝でホームランを放つなどここまで今大会3本塁打、2試合連続ホームランを記録していたが、この日は4回にライトにホームランを放つと、6回にもライトの柵を越え、3試合連続となるホームラン、また2打席連続のホームランを放った。

 高校通算はそれでも12本と少ないものの、この春の長打力は驚異的でもある。「冬場に振り込んできた成果が出た」とオフに下半身を鍛えて長打力が増したことを話している。

 また守備でも関東第一でプロから足を高く評価されているオコエ瑠偉選手の盗塁を刺し、強肩でも大きくアピールをした。

 長打力と強肩を持つ小藤選手も、これからますますプロのスカウトが注目する選手となりそうだ。またどんな進路を選択するのかにも注目が集まる。

 

佼成学園・小玉投手が東海大菅生も下す

 準々決勝で帝京を相手に完投で勝利した佼成学園の小玉和樹投手が、この日はセンバツに出場している東海大菅生を相手に9安打5失点も完投して勝利した。小玉投手は168cmの投手で、中学時代は東京神宮シニアでプレーしていた。

 東海大菅生は勝俣翔貴選手は登板はせず3番ファーストで出場したが、4打席ノーヒットに抑えられた。センバツのピッチングを見て若林監督も勝俣投手の負担が大きいことを話しており、投手の育成が課題となる。

2015年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

 4回、右越えに勝ち越しソロを放つと、6回にもダメ押しの右越えソロ。今大会5試合で5本塁打、高校通算を12本まで伸ばし「冬場に振り込んできた成果が出た」と笑みをこぼした。マスクをかぶっても6回に関東第一の同じプロ注目で俊足のオコエの二盗を刺す強肩を披露。

 168センチの小さなエース、小玉和樹投手(3年)が113球で被安打9、自責3の完投勝利。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント