金沢高校・竹田和真投手に巨人、横浜DeNAなど8球団スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 金沢高校のプロ注目右腕・竹田和真投手の登板に、プロ8球団のスカウトが集まった。4回までを投げて1安打5奪三振と、県NO1の呼び声高い投手の貫録を見せた。

石川3羽ガラス

 石川県には遊学館の146km/h右腕・小孫竜二投手、昨年から活躍を見せ甲子園も経験している星稜の谷川刀麻投手、そして金沢の竹田和真投手と3人のプロ注目投手がいる。

 その中でも武田投手は179cmのしっかりとした体から143km/hの速球を低めに投げる事ができ、県NO1の声も聞かれる。

 この日は2回戦の羽咋戦、先発すると4回を投げて1安打5奪三振、四死球も与えない完ぺきな内容を見せた。スカウトのスピードガンでも142~3km./hを記録していたという。

 武田投手は「全部全力だと肩の張りとかも出るので」と話し、試合、または大会全体のことを考えてペースを考えて投げているようだ。

 

8球団スカウト視察

 この日は巨人、横浜DeNA、千葉ロッテなど8球団のスカウトが視察に訪れた。それでも武田投手は「あまり意識しないようにしている」と、自分のペースを貫いて投げた。

 この日、星稜が敗れた。まずは春の主役になり、夏に3人のプロ注目投手と最後の戦いを繰り広げる。

2015年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

 自己最速は143キロ。この日のスカウト陣のスピードガンでも「142~3は出ていた」(巨人・井上真二スカウト)と初戦から好数字を記録した。それでも「(スカウトの視線は)あまり意識しないようにしています。全部全力だと肩の張りとかも出るので」と要所をしっかり締めつつ、制球重視の組み立てでゲームの流れを作った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント