普天間・与那原大剛投手が146km/h、11球団23人のスカウト視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 2015年高校野球選手権ニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 高校野球沖縄大会が開幕した。普天間高校vs八重山商工の試合では、プロ注目も190cm右腕・与那原大剛投手が登板し、11球団23人のスカウトが沖縄に集まった。

昨年秋から12km/hも球速アップ

 与那原大剛選手は190cm88kgの立派な体から最速148km/hの速球を投げ、スカウトもその投球を逃すまいと沖縄大会開幕戦から足を運んだ。

 昨年秋までは最速136km/h、大きな体があるものの球速が伸びない投手だったようだが、この冬に野球部の先輩に教わって体幹トレーニングをこなし、トルネード投法にも挑戦すると、それらが噛み合って球速が12km/hもアップした。

 この日もストレートは146km/hを記録、3回に3連打で2失点したものの、5回から9回まではノーヒットに抑えるなど、延長10回まで132球を投げて9三振を奪って2失点に抑えた。

 

プロのスカウト将来性を評価

 この試合には北海道日本ハム以外の11球団23人のスカウトが視察した。福岡ソフトバンクの福山スカウトは「指のかかりがいい。体も大きいし将来性は抜群」と話すと、中日の中田スカウト部長も「野茂を最初に見た時の印象に似ている。将来、すごい投手になるかは本人次第だが、上半身の筋力や指先の感覚は優れている」と将来性や素質を評価した。

 また、横浜DeNAの吉田スカウト部長も「体が素晴らしい。大柄だけどクイックもできる。たいしたもの。下半身を鍛えればもっと良くなる」とこちらも将来性を評価した。

 以前、北山高校でプロ注目だった平良拳太郎投手が初戦で敗れ、多くの球団のスカウトが最後の夏の投球を見られなかった事があった。平良投手は2013年のドラフト5位で巨人が指名している。与那原投手には多くのスカウトがチェックできた。148km/hを投げる190cmの投手はドラフト何位で指名されるか注目したい。

2015年度-高校生-沖縄県のドラフト候補リスト

与那原146キロ、11球団ロックオン 西日本スポーツ紙面 2015/6/21

 

最速148キロの大型右腕目当てにネット裏には巨人、阪神など11球団のスカウトが集結。熱視線を送った。与那原は3回に3連打を浴び2点を失ったものの、5回から9回までは無安打と修正。打者に背中を向けるトルネード気味の投球フォームから、この日は最速146キロの直球を中心に9三振を奪った。延長10回無死一塁の場面で雷が鳴り、その後に順延が決まったが「無死一塁から始めるのと最初から試合をやるのは全然違う。ラッキー」とあくまでもプラス思考を貫いた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント