2017年ドラフト候補、高校生東海編

渡辺啓五, 宮原大樹, 岡林飛翔, 池谷蒼大, 香村篤史, 岡村光, 矢野太一, 竹内侑太, 佐竹陽希, 比屋根彰人, 原悠莉, 高橋佑成

2017年のドラフト候補の紹介、今日は東海の高校生編です。

2016年は

今年の東海地区では、静岡高の鈴木将平選手と東邦の藤嶋健人投手、いなべ総合の渡辺雄太捕手、中京大中京の佐藤勇基選手の4人がU18代表入りするなど、注目選手が多かった。その中で、鈴木選手は埼玉西武のドラフト4位で指名されると、藤嶋投手は中日のドラフト5位で指名され、ほかにも中京の今井順之助選手が北海道日本ハムにドラフト9位で、磐田東の加藤脩平選手が巨人に育成ドラフト2で指名された。

他にも静岡高校の村木文哉投手等も注目を集めた。

注目選手

鈴木選手や藤嶋投手のように1、2年生から全国区で注目されている選手というのは少ないが、注目しておきたい選手がいる。

静岡高校の池谷蒼大投手は173cmの左腕だが、144キロの伸びる球が持ち味、ストレートとスライダーで組み立て試合を任せられる安定感がある。また177cm右腕の竹内奎人投手も139キロの速球を投げる。

強豪校

三重の2強には今年もドラフト候補がいる。いなべ総合の渡辺啓五投手は1年生の時から力のある球を投げていた投手で、144キロの速球とテンポの良い投球が持ち味。しかしチームでは左の赤木聡介投手がエースとなり渡辺投手の登板が少ないのが気がかり。

菰野高校には182cm84kgで2年時には143キロの速球を投げ、噂では150キロ台も出すと言われる岡林飛翔投手がいる。打撃でも評価が高く、体のある選手だけに名前が挙がってきそうだ。またチームでは左のエース・村上健真投手も130キロ後半の球をコースにきめる力がある。三重県では宇治山田商の宮原大樹投手も186cmの右腕で143キロを投げる

県岐阜商には178cmの右腕・岡本晃史投手が角度のある141キロの速球を投げる。中京大中京には183cm83kgの本格派右腕・香村篤史投手が139キロの速球を投げ、175cm左腕の磯村峻平投手もしなやかな腕の振りから139キロの速球を投げる。

大垣日大の浦野虎ノ介選手は182cmの左打者で、打撃センスが高く評価されている。

その他の注目選手

東海大静岡翔洋の奥村光一選手は177cm82kgの外野手で長打を連発し50m6.0秒の足を持つ。桑名工の岡村光選手は188cm95kgの右の長距離砲、2年秋からサードを守りホームランの2ケタに乗せた。まだあまり注目されていない隠し玉候補か。浜松修学舎の森田匠選手も185cmの右打者で1年生で4番を打つなど期待される。

誠恵の竹内侑太投手は183cm72kgの右腕で138キロの速球と大きなカーブで県屈指の投手と評価される。加茂高校の矢野太一投手は177cmの右腕だが、140キロの速球を投げ打線でも4番を打つ選手、2年生ながら今年夏の注目選手の一人だった。飛龍の比屋根彰人投手は180cm80kgの右腕で140キロの重い球を投げ、また打撃でもレフトスタンドへの特大の一発が魅力のスラッガー。沼津東の佐竹陽希投手も2年夏に141キロを記録した177cmの右腕投手。富士宮西の須藤翔太投手も172cmながら143キロの球を投げる。

桜丘高校には東海大会でも好投を見せた原悠莉投手が142キロを記録するなど注目される。誉高校と豊川高校にもぞれぞれ、日比野良輝投手、矢部優宗投手という小柄ながら130キロ後半を投げる好投手がおり、豊川高校の高橋佑成選手は2年生で4番を打ちすでに24本塁打を放つ選手。

掛川西には松本拓己選手が遠投110mに50m6.1秒の足があり、川島瑞希選手、沢嵜真福選手、今駒郁希選手と俊足選手がそろっているようで注目される。

2017年度-東海のドラフト候補リスト


PAGE TOP