東大・宮台康平投手がプロ志望表明

東京大, 宮台康平

東大は今年の練習を終え、来年のドラフト注目選手の一人・宮台康平投手は「プロ野球に魅力は感じる」と話し、プロ入りを目指すことを明らかにした。

東大法学部

宮台康平投手は国家官僚になる人の多い東大法学部で学んでおり、国を動かすキャリア官僚になる道もあった。しかし、「自分も1年後に挑戦したい気持ちはあるので、それができたらいい。プロ野球に魅力は感じる。」と話し、プロ入りに進路が向いていることを明らかにした。

また「春投げて、アピールできればと思っている。結果を残さないと、自分は安泰ではない」と話した。

宮台投手は178cmの左腕投手で今年の日米大学野球で150キロを記録、左腕で150キロを記録するのは今年のドラフト会議では大学生では濱口遥大投手(横浜DeNAドラフト1位)のみ、高校生では高橋昂也投手、古谷優人投手、高山優希投手の3人だけとみられ、来年の左腕候補では、亜細亜大の高橋遥人投手とHondaの永野将司投手くらい。ただ速いだけではドラフト上位には入ってこないが、宮台投手は東京六大学で各大学のエースと投げ合い好投を演じ、そして今年は柳裕也投手、佐々木千隼投手、濱口遥大投手などドラフト1位で指名された選手とともに侍ジャパン大学代表入りして日米大学野球で先発もした。

プロへの道に進もうとしているのは、この日米野球に参加した事が大きかったようで、「柳さんや佐々木さんの近くでやれたのも大きかった。目標は高く持ってやっていきたい」と話し、柳投手、佐々木投手がドラフト1位でプロ入りする姿を見て、「知らない人じゃないので、すごいなと思った」と憧れを持ち、プロへの進路を決めた。

左肩の復活に向けて

ただ速いだけではドラフト1位候補にはなれない。宮台投手や湘南高校から活躍を見せると、東大では秋のリーグ戦でリリーフで登板し、当時は140キロ前後のストレートだったものの、真ん中高めの球を各大学の強打者が空振りしていた。伸びる球質と球が見づらいフォームがあり、法政大の石田健大投手などがいたものの調子を落としており、六大学NO.1左腕かもしれないとの声もあった。

2年秋には満を持して先発に転向し1勝を挙げると、3年生となった今年春は2勝4敗、特に開幕に早稲田大戦と続く明治大戦は、大竹耕太郎投手、柳裕也投手といったエースを相手に、強打線と対戦して8回まで0-0の投手戦を演じる。ともに9回にサヨナラ負けを喫したものの、互角以上の力を見せていた。そして立教大戦では沢田圭佑投手、法政大戦では玉熊将一投手に投げ勝ち、2勝を手にした。

日米大学野球では3戦目の先発に抜擢されると、3回途中で1失点し降板したものの、5つの三振を奪った。150キロを記録しそのストレートをメジャー予備軍が空振りしていた。

しかし、春とその日米大学野球の影響もあってか、古傷の左肩痛が再発し、秋は1試合の登板に終わった。シーズン終盤に投げた事で投げられるところまで回復はしているものの、東大では監督、コーチ、トレーナー、医師によって宮台復活委員会が発足し、左肩痛が再発しないようにするためのフォームの見直しなどに取り組み、来年2月には大分で温泉キャンプを行うという。

プロも注目

この150キロ左腕を、東大とは関係なくプロもドラフト上位候補として注目する。阪神の球団関係者も宮台投手にスカウトを派遣することを認めているという。来年のリーグ戦で左肩の状態を見て悪くなければ、秋のドラフト会議では2位前後での指名となりそうだ。

実力としては十分ドラフト上位クラスに達している。故障の状態が大きなポイントとなりそうだ。

2017年度投手-左投のドラフト候補リスト 高校・大学・社会人の左腕投手一覧

東大法学部に在籍しており、国家公務員や一般就職も選択肢の一つにあったが「柳さんや佐々木さんの近くでやれたのも大きかった。目標は高く持ってやっていきたい」と語った。東大からプロ入りすれば、04年に横浜(現DeNA)からドラフト9巡目で指名された松家卓弘以来13年ぶりとなる。

 そこで大学球界のスターたちと同じ釜の飯を食い、野球へ向き合う姿勢に胸を打たれた。チームの先輩だった中日1位右腕の明大・柳裕也やロッテ1位右腕の桜美林大・佐々木千隼らがプロへ進む姿に、「知らない人じゃないので、すごいなと思った」と、大きな励みとなった。

11月には、浜田一志監督(52)、トレーナー、医師、学生コーチらによる「宮台復活委員会」なるチームも発足した。肩の負担を減らすフォーム改良や、リハビリとトレーニングをサポート。この1カ月で、40メートルのキャッチボールを計4000球こなすまでに回復した。来年2月には、大分での医師の診察を兼ねた温泉キャンプも予定。指揮官は「勝ち点を取るために、復活は欠かせないので」と、エースの存在の大きさを強調する。


PAGE TOP