2017年ドラフト候補、高校生・中国編

物部大輝, 難波侑平, 白濱楓稀, 中村奨成, 斎藤寛太, 有村綜留, 中島翔人, 福島優太

2017年のドラフト候補紹介、今日は中国地方の高校生編です。

2016年は

広島新庄の堀瑞輝投手は2年までは左の好投手と評価だったが、3年になると球速も140キロ後半まで伸び、やや横気味からの変化球も抜群で、U18アジア選手権の優勝の立役者となった。ドラフト会議では北海道日本ハムから1位指名を受けている。

また、創志学園の高田萌生投手が2年生の夏に150キロを記録し、3年センバツで好投を見せた。その後、調子を崩すものの最速154キロをまで球速を伸ばし、巨人にドラフト5位で指名された。また崇徳高校の強肩選手・松本龍憲選手が福岡ソフトバンクに育成ドラフト6位で指名された。

注目選手

玉野光南の斎藤寛太投手は183cm82kgの右腕で最速は148キロ、夏までは最速136キロだったが、この秋に148キロを3度記録し、急激に球速アップを見せた投手。体の軸が意識できるようになったこのフォームを、来年までにしっかりと固めることができれば、実績を積んでいくだろう。

創志学園の難波侑平選手はフルスイングでパワフルな打撃と、投手としても144キロを記録するなど力のある選手。

強豪校

関西高の物部大輝投手は、伸びるストレートとツーシームで秋季中国大会で出雲西を1失点完投、中国地方屈指の左腕と評価される。また神頭剛投手も147キロを記録するとのこと。

広陵高校は中村奨成捕手が182cmの大型捕手でセカンドまで2秒を切る強肩を見せる。また平元銀次郎投手は180cmの左腕投手としてエグいストレートを投げる。崇徳高校には白濱楓稀投手という185cmの左腕投手がいる。球速は142キロだがまだ線が細く、体ができてきたら楽しみな投手。広島新庄の有村綜留投手は179cmの左腕投手で、左腕投手育成に実績のある高校だけに、堀投手のように急成長をみせるかもしれない。盈進の筒井建介投手もきれの良い136キロの球を投げる左腕。

鳥取城北の中島翔人選手は173cmの内野手だが高校通算10本塁打を記録している。瀬戸成一郎選手もチャンスに強く3拍子揃った外野手。垣内綜太投手、福本拓真投手も小柄ながら140キロクラスの速球を投げるようで注目したい。出雲西の福島優太捕手も180cm80kgの大型捕手で中国大会出場に貢献した。

その他の注目選手

下関国際の岸田峻輔投手は175cmの右腕だが県屈指の速球派で143キロを記録しているという。尾道商の長島虹太投手はサイドスローから137キロの速球を投げる。岡山理大付は178cmから140キロを投げる金子将大投手と背番号10ながらエースとして投げている沖田大空投手が好投手。

八頭高校の山形真也選手は守備もさることながら打撃のセンスが高い選手として注目される。

南陽工の福山貴秀選手は投げては140キロクラスの球を投げ、捕手としても強肩を見せる選手とのこと。

2017年度-高校生-中国のドラフト候補リスト


PAGE TOP