巨人ドラフト1位、吉川尚輝選手は来年の漢字に「積」

吉川尚輝

巨人がドラフト1位で獲得した吉川尚輝選手は、来年の自身の漢字を「積」とした。

積み重ね

吉川選手はまず、「1年目ですし、若さを生かして積極的にいきたい。」と積極的の積という意味があることを話した。そして「何もかもが初めてのことなので経験を積み重ねたい。試合に出て経験値を積み上げたいという意味を込めて選びました」と話し、経験を積むことの積とつないだ。

巨人は今年、セカンドのポジションでいろいろな選手が入れ替わった。片岡選手、クルーズ選手、寺内選手にルーキーの山本泰寛選手などがいたものの、定着はできなかった。吉川選手はこのセカンド争いに加わることになり、「10人ぐらいいる。選手層が厚い」と厚い壁を認識した。

しかし、「1年目から結果にこだわる。チャンスを生かして来年、再来年につなげたい」と話し、1年目から積極的にアピールを続け、1軍出場の機会をえたらそこで積極的なプレーを見せ、セカンドの獲得を目指す。

守備においては十分戦える選手で、打撃で結果を出せればシーズン後半にはレギュラーとして出場をしているかもしれない。期待したい。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

「1年目ですし、若さを生かして積極的にいきたい。それと、何もかもが初めてのことなので経験を積み重ねたい。試合に出て経験値を積み上げたいという意味を込めて選びました」


PAGE TOP