センバツ出場選手を巨人・岡崎スカウト部長や中日、オリックス、ヤクルト首脳が総括

清宮幸太郎, 根尾昴, 野村大樹, 安田尚憲, 小園海斗, 藤原恭大, 川端健斗, 西垣雅矢, 金久保優斗, 櫻井周斗, 古賀悠斗, 篠原翔太

センバツ高校野球大会は1回戦が終わり、すべてのチームが出場した。巨人・岡崎スカウト部長、中日・中田スカウト部長、オリックス・長村球団本部長、東京ヤクルト・小川SDなどが総括した。

巨人・岡崎スカウト部長の総括

印象に残ったのは早稲田実の清宮幸太郎選手と履正社の安田尚憲選手と話し、技術だけじゃなくパワーもあると評価、今年のドラフトでは大学、社会人を含めてもAランクと話した。

また投手では日大三の櫻井周斗投手、秀岳館の川端健斗投手、東海大市原望洋の金久保優斗投手の3人を挙げ、櫻井投手は安田選手から3三振を奪ったスライダー、金久保投手もスライダーが魅力と評価した。ほかには、履正社の竹田祐投手、福岡大大濠の三浦銀二投手、熊本工の山口翔投手の名前を挙げた。

他に野手では作新学院・鈴木萌斗選手と中島淳選手、呉の新田旬希選手を挙げた。また、仙台育英の尾崎拓海捕手と大阪桐蔭の岩本久重捕手がケガで見られなかったのは残念と話し、注目をしていることを明かした。

東京ヤクルト・小川SDの総括

印象に残ったのは早稲田実の清宮幸太郎選手と履正社の安田尚憲選手と話し、清宮選手は1球で仕留める力と選球眼を、安田選手はパワーと最後の打席で結果を残した所を評価した。また野手では明徳義塾の西浦颯大選手、福岡大大濠の古賀悠斗捕手、報徳学園の篠原翔太捕手にセンスを感じさせると評価した。

投手では日大三の櫻井周斗投手、秀岳館の川端健斗投手を挙げ、櫻井投手は三振が取れるスライダー、川端投手は真上から投げ下ろす球を評価した。

中日・中田スカウト部長、オリックス・長村球団本部長

その他、中日の中田スカウト部長は報徳学園の西垣雅矢投手を、「今井とダブる」と昨年の埼玉西武ドラフト1位・今井達也投手と比較して評価し、オリックスの長村球団本部長も「フォームのバランスがいい。体力がつけば面白い」と評価した。

その他にも野手では、明徳義塾の西浦颯大選手、福岡大大濠の古賀悠斗捕手、秀岳館・幸地竜弥選手、神戸国際大付・猪田和希捕手、報徳学園・篠原翔太捕手の名前が挙がり、2年生でも大阪桐蔭の根尾昴選手、藤原恭大選手、報徳学園の小園海斗選手、早稲田実の野村大樹選手の名前が挙がった。

2017センバツ高校野球、組合せと注目選手一覧

2017年センバツ高校野球ドラフト番付

やっぱり印象に残ったのは早実の清宮幸太郎、履正社の安田尚憲ですね。彼らは技術だけじゃなくて、パワーもある。体もできている。今年のドラフトに関していえば、大学、社会人を含めても「Aランク」といっていいと思います。

 

第1試合で1回戦が終了し、出場校がすべて顔を見せた。印象に残ったのは、早実・清宮の打球の速さと1球で仕留める力と選球眼。また履正社・安田のパワーと、3打席三振でも最後の打席で結果を残す打撃だった。野手では総合的な力を持つ明徳義塾の外野手・西浦、福岡大大濠・古賀、報徳学園・篠原の両捕手にもセンスを感じた。

スカウト地獄耳 デイリースポーツ紙面 2017/3/26

PAGE TOP