センバツに出場したミレニアム世代をプロのスカウトが評価

根尾昴, 野村大樹, 小園海斗, 藤原恭大, 樺嶋竜太郎, 山田健太, 山下航汰

今年のセンバツ大会では、2年生世代の活躍も光った。2年生の世代は2000年度に生まれたミレニアム世代で、しかも来年は夏の高校野球100周年ということで注目されている。

ミレニアム

大阪桐蔭の藤原恭大選手は、決勝戦で1試合2本塁打を記録、長打力も十分だが、50m5.8秒の足もあり、1番バッターで出場している。また西谷監督が「守備範囲が違う」と外野手として守備力も申し分ない。

その藤原選手について中日の中田スカウト部長は「運動能力が高い。パワーもあるし瞬発力もあって、守備でも一歩目が速い」と評価した。1番センター候補、または中軸を打てる外野手候補として来年のドラフトでは注目される事になる。

また同じく大阪桐蔭の根尾昴選手も、投手として146キロを記録、ショートやセンターで出場もし、打席ではフルスイングを見せ、痛烈に一二塁を抜ける打球や、レフトフェンス直撃の当たりを見せた。福岡ソフトバンクの小川編成・育成部長兼スカウト室長は「彼はキラキラ光っている。身体能力を生かせているのは、関節に柔らかさがあるから」と話し、オリックスの長村球団本部長も「バットをしっかり振れている。動きが軽くてキレもある。身体能力を感じさせる」と評価している。

また大阪桐蔭の山田健太選手は今大会12安打を記録し、宇部鴻城戦ではホームランも放っている。福岡ソフトバンクの小川氏は「2年生で詰まってホームランが打てるのは凄い」と評価した。

報徳学園の小園海斗選手は準決勝の履正社戦で4安打を記録し、中日の中田スカウト部長は「ある程度完成された選手。肩も強いし今年でも対象になる」と、現時点でもドラフト候補に入ってくると話した。

早稲田実の野村大樹選手は2試合で9打数5安打を記録、広島の苑田スカウト部長は「野球を知っている。勝負強いしね」と話した。

他にも2本の満塁ホームランを放った健大高崎の山下航汰選手、2打席連続弾を放った福岡大大濠・樺嶋竜太郎選手なども同世代。今年夏、来年のセンバツ、そして100周年記念大会の2018年夏に向けて、どんな成長をしてどんな活躍を見せるのか、非常に楽しみ。

センバツ出場校とドラフト注目選手

2017年センバツ高校野球ドラフト番付

輝き放ったミレニアム世代 デイリースポーツ紙面 2017/4/5

PAGE TOP