日大三惜敗、櫻井周斗投手が打ち、金成麗生選手が投げる

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

日大三はエースの櫻井周斗投手を夏に向けて温存した。その櫻井選手は9回にホームランを放つなど4安打4打点の活躍を見せた。スラッガーの金成麗生選手はマウンドに上ると148キロを記録した。

全ては夏に

本来、春季高校野球大会の決勝は、すでに地区大会への出場も決めているため、エースが登板しなかったり、ベンチ入りしている選手を試すことなどが多い。

日大三の小倉監督はエースの櫻井周斗投手をこの日登板させないことを決めており、試合前にも櫻井投手に「お前は夏だよ」と登板させないことを告げていた。その櫻井選手はこの日は投球と共に注目される打撃でみせる。9回にはしっかりしたスイングでホームランを放ち、そこから一気に7点を挙げるなど突破口を開くなど、4安打4打点の活躍を見せた。

昨年秋に続きサヨナラ負けを喫したものの櫻井投手は、「投げないからといわれ、野手として打てたことはよかった。夏は倒す」と最後の夏に打倒・早稲田実を誓った。

148キロ

また、この日の登板のために準備をしていた金成麗生投手が、8回途中から6番手としてマウンドの上った。すると193cmのサウスポーは、最速148キロを記録する。そして早稲田実の4番・野村大樹選手から空振り三振を奪った。

制球が定まらず3つの四死球を与えるなど、投手としてはまだまだだったが、193cmのサウスポーで148キロを投げるとなれば、その素質には期待をしたい。打撃同様に粗さがあるものの、本格的に見てみたいと思ったスカウトもいるだろう。

打撃に関しては6打数1安打に終わり、「4番で1安打で、投手の仕事もできなかった」と反省していた金成選手、相手の主砲、清宮選手、野村選手の打撃をみて、「こういう打球を打たないといけない」と、視線は夏に向かっていた。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

7点を挙げた九回、右越えの高校通算26号ソロを放ったドラフト候補左腕、桜井は「(決勝では)投げないからといわれ、野手として打てたことはよかった。夏は倒す」とキッパリ。

右翼を守り、3番で打撃に専念した桜井は9回に右越えソロを放つなど4安打で4打点。ただ、4番・金成は単打1本に終わった。「申し訳ない。自分が打てなくて負けた」。目の前で清宮の2打席連発を見せられ「こういう打球を打たないといけない」と気を引き締めた。

桜井を早実に見せたくなかったかと問われた小倉監督は「そりゃそうですよね」とさらりと答えた。「あと2番手、3番手のピッチャーが投げれるようにしないと。八木が打たれたのもありますけど、延長になってから、しっかり投げてくれた。八木もいけるなと」と6投手(八木が2度登板し、のべ7投手)を、2万人が訪れた神宮球場の舞台で夏の予行演習をさせた成果を挙げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント