武南・布川雄大投手に日本ハムなど6球団視察

高校野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

春季高校野球埼玉大会では武南高校の187cmエース・布川雄大投手が登板し、9回8安打2失点で勝利した。

プロ6球団注目

布川雄大投手は187cmから最速146キロの速球を投げ、先日の登板では8球団が視察、この日も北海道日本ハムなど6球団が視察した。

布川投手はこの日は最速142キロ止まり、「真っすぐがシュート回転して、7,8回はちょっと辛かった」と話したが、四球は0、8つの三振を奪った。

視察した日本ハムの今成スカウトは「中1日でどうかを見にきた。この投球なら素材として魅力十分」と評価した。

俄然注目度が上がってきた布川投手、楽しみな逸材。

プロ6球団が視察。前回登板の26日に続いてチェックした日本ハム・今成スカウトは「中1日でどうかを見にきた。この投球なら素材として魅力十分」と高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント