星稜・清水力斗投手が147キロで1回無失点、楽天、阪神スカウト注目

星稜高, 清水力斗

星稜高校の149キロ右腕・清水力斗投手が春季石川大会2回戦で1イニングを投げ、147キロ速球で無失点に抑えた。東北楽天、阪神のスカウトが視察し絶賛している。

志願の登板

県大会2回戦の石川高専戦、試合も6回までに7点差が開きあと1イニングでコールドが成立という場面で清水力斗投手が登板した。「県立のマウンドの傾斜が変わったので、投げておきたい」と、直訴しての登板だった。

「変化球に頼らずやろうと思った」とストレートで押す清水投手は、最速147キロを記録した速球で1回ノーヒット1奪三振に抑えた。

この日は東北楽天、阪神のスカウトが視察をしているが、東北楽天・山田潤スカウトは「ボールの力強さは高校生の中でも上位」と評価すると、阪神の筒井和也スカウトも「スピードは魅力」と話した。

昨年夏の甲子園で146キロを記録し、今年は練習などに11球団のスカウトが足を運んでいるという清水投手、これから徐々に長いイニングを投げ、集まるスカウトの数もどんどん増えていくだろう。まだ本命投手がいない今年の高校生投手でトップを狙える投手の一人だと思う。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-石川県のドラフト候補リスト

7回に登板した“投の柱”清水は「変化球に頼らずやろうと思った」と速球中心に組み立てて1回を無失点。開幕直前の練習試合では自己最速となる149キロを記録。この日は最速147キロの直球で1三振を奪った。楽天の山田潤スカウト(45)は「ボールの力強さは高校生の中でも上位」と評価。阪神の筒井和也スカウト(35)も「スピードは魅力」とうなった。


PAGE TOP