高校生ドラフトの行方

清宮幸太郎, 増田珠, 安田尚憲, 石川翔, 福永奨, 川端健斗, 金成麗生, 本田仁海

高校野球はセンバツ大会が終了し春季大会が盛り上がりを見せている。これまでの高校生のドラフト戦線についてまとめてみる。

野手は清宮選手が頭一つリード

野手ではともにセンバツに出場した早稲田実・清宮幸太郎選手と履正社の安田尚憲選手が、常にトップクラスとして名前が挙がる。共に左のスラッガーで内野手、プロ入り後にどちらが伸びるかなど話が盛り上がる。しかし清宮選手は飛球の高さ、打球の飛距離、そしてバットのしなやかさ、そしてここぞというときに打つ姿などで、安田選手より頭一つ出ている。

安田選手は大きな体から驚くようなあたりも見せるが、バッティングの窮屈さや固さがあり、逆方向にもライナーを飛ばすような中距離ヒッターのような感じ。それでもこれから打つポイントに幅を持たせられたり、何かきっかけをつかめばホームランも量産するかもしれない期待は十分感じさせる。

3番手につけそうなのは増田珠選手と福永奨選手の横浜高コンビ、増田選手は思い切りのよい打撃からの長打や果敢に攻める盗塁、そして外野から驚くような返球など3拍子そろった選手で、高校生の外野手というと、プロ側の補強ポイントとしては優先度は高くないが、ドラフト上位で獲得したい選手だろう。福永選手も強肩強打の捕手でプロの評価は高い。

その次の位置を争うのは、日大三・金成麗生選手、智弁学園・太田英毅選手、秀岳館・木本凌雅選手、慶応・正木智也選手、盛岡大付・植田拓選手、作新学院・鈴木萌斗選手、龍谷大平安・岡田悠希選手、神戸国際大付・猪田和希選手、九州学院・村上宗隆選手、福岡大大濠・古賀悠斗選手、広陵・中村奨成選手、報徳学園・篠原翔太選手、明徳義塾・西浦颯大選手などだと思う。

その中で金成選手は清宮選手との対決もあり注目された。しかし、まだ打撃は粗さが目立ち、覚醒は見られなかった。投手として魅力を感じさせる投球を見せたが、こちらも素質十分もコントロールをつけるのに時間はかかりそう。覚醒の時を待ちたい。

例年は遊撃手が注目されるが、今年は捕手の福岡大大濠・古賀選手、広陵・中村選手、報徳学園・篠原選手、神戸国際大付・猪田選手、九州学院・村上など楽しみな選手が多い。今のところドラフト指名確実という選手はいないが、捕手はプロ側の需要も多い事から、指名があるのではないかと思う。

外野手では作新学院・鈴木選手も、打撃センスに足と守備で輝きを見せる。ドラフト会議では指名されるのではないかと思う。

投手は本命いないが素質持った選手続々

投手の大本命はまだ出てきていない。しかしその可能性を持つ選手の名前は、続々と挙がりつつある。

今のところドラフト1位で指名されそうな高校生投手はいないし、確実にドラフトで指名されるといえるのは秀岳館の川端健斗投手くらい、東海大市原望洋・金久保優斗投手、星槎国際湘南・本田仁海投手、日大三・櫻井周斗投手、熊本工・山口翔投手などもプロ志望をすれば指名される可能性が高い所にいる。

しかし、これからの投球でそれを上回ってきそうなのが、青藍泰斗・石川翔投手だろう。低めに伸びるストレートのキレは十分で、変化球を磨き、さらに球速ももう1段階上まで持ってこれそうな所もあり、昨年の今井達也投手クラスになる能力があると思う。

この他は、身長が185cm前後の長身から140キロ以上の速球を投げる、素質型選手の名前が挙がってきている。鶴岡東・吉住晴斗投手は185cmから146キロ、板野高校の森井絃斗投手は183cmから149キロ、武南の布川雄大投手は187cmから146キロ、木更津総合の山下輝投手は187cmの左腕で141キロ、関東第一の高橋晴投手は186cmから145キロ、東海大高輪台の宮路悠良投手は182cmから140キロ、佐渡高の菊地大稀投手は185cmから143キロ、宇治山田商の宮原大樹投手は186cmから143キロ、東洋大姫路の山内響投手は183cmから145キロ、福岡の常磐高・末広篤弥投手は183cmから147キロ、柳ヶ浦の田中瑛斗投手は182cmから146キロ、鹿児島実の渡辺竜基投手は186cmから141キロ。霞ヶ浦の遠藤淳志投手も184cmからの速球で三振を奪える。

また、球速がありプロが注目している投手として、八戸工大一の古屋敷匠真投手は178cmから147キロの速球を投げ、盛岡大付・臼井春貴投手は147キロ、八王子の米原大地投手は180cmから147キロ、如水館の福嶋健矢投手も145キロ、広陵の平元銀次郎投手は180cmの左腕で145キロを記録する。星稜・清水力斗投手も175cmだが149キロ、でさらに成長が見込まれる。啓新の牧丈一郎投手は147キロ、八重山商工の平良海馬投手はこの春に152キロを記録した。自由ヶ丘の柳原優太投手は145キロ、菰野の岡林飛翔投手は181cmから151キロを投げる。いなべ総合の渡辺啓五投手も昨年から実績があり最速144キロを上回ることが期待されている。

甲子園の実績組では、大曲工の藤井黎來投手も181cmから144キロ、富山第一・森圭名投手も174cmだが146キロ、センバツで好投した福岡大大濠・三浦銀二投手、履正社の竹田祐投手、大阪桐蔭の徳山壮磨投手、そして報徳学園の西垣雅矢投手も素質の高さを感じさせた。

その他では、専大松戸の川上鳳之投手、市尼崎・辻井亮汰投手にはプロが注目している。

2017年度-高校生投手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP