花咲徳栄の149キロ右腕・清水達也投手、本塁打の2年生・野村佑希選手に中日が絶賛

花咲徳栄, 野村佑希, 清水達也

早稲田実に逆転負けを喫した花咲徳栄、2番手で登板した清水達也投手は148キロを記録し、またホームランを放った来年のドラフト候補・野村佑希選手に中日スカウトが絶賛している。

6回から登板

花咲徳栄はエースの綱脇慧投手が5回を投げて6失点、そして6回からは149キロの速球を投げる背番号10の清水達也投手が登板した。清水投手はこの日は最速148キロを記録、6回から8回まで強打の早稲田実を無失点に抑えた。

しかし9回、ピンチを招いて清宮選手に同点タイムリーを許すと、10回にタイブレークでは、清宮選手、野村選手などの3連打で3失点しサヨナラ負けを喫した。「いい投球をしても、一番の勝負所で抑えきれなかった」と話した。

4回0/3を投げて5安打4失点も、タイブレーク以外では2安打1失点と好投した。また7つの三振も奪い球の力を見せた。スタミナに課題を残すものの、大きな注目を集める投球になった。

この投球に中日の中田スカウト部長は「高校生ではトップクラス」と評価をした。

2年生・野村選手はホームランなど3安打2打点

また、清宮の次の選手とスカウトが注目する花咲徳栄の野村佑希選手は、4回に3ベースヒットを打つと、5回にはレフトスタンドに2ランホームランを放った。

3安打2打点の活躍に中日の中田スカウト部長は「感覚が素晴らしい。センターへの打球はやや甘めだったが、こういう打ち方ができる右打者はなかなかいない」と評価した。

ポスト清宮としての存在感を、清宮選手の前で見せた野村選手、来年に向けて注目され続ける。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

腕をうまく畳んで内角の変化球を左翼席に運ぶ2ラン。埼玉大会でも4本塁打の主砲は「いい感じで打てた」と敗戦の中でも3安打で実力をアピールした。中日・中田スカウト部長は「すばらしい。内角の厳しい球を体の回転で打つことができる右打者はなかなかいない」と絶賛した。


PAGE TOP