履正社・安田尚憲選手も高校通算57本塁打

履正社高, 安田尚憲

今年のドラフト会議で、左のスラッガー候補として清宮選手と並んで評価される、履正社の安田尚憲選手も、5月28日の練習試合で2本塁打を放ち、高校通算57号としている。

100号に驚き

安田選手も、5月21日の京都外大西との練習試合で、T岡田選手の持つ履正社の最多本塁打数に並ぶ55号を放つと、5月28日の比叡山との練習試合では2打席連続ホームランで57号とした。

これも立派な数字だが、この日、清宮選手が高校通算100号を打ったと聞き、「ビックリですね。すごいなあと思います。なかなかできるものじゃない」と話した。

この日、清宮選手に100号を浴びた享栄の早矢仕飛希投手は、昨日はこの安田選手と対戦したが、「安田君はタイミングをずらせたけど、清宮君は動いていない」と話した。打球の強さや飛距離では並ぶと言われる二人だが、安田選手は硬い感じがあるスラッガーだが、清宮選手は多くの評論家やプロ野球選手も、柔らかいと話す。

それでも安田選手も、比叡山戦での1本目のホームランは左中間へのホームランで、「自分の中で一番、左方向へ飛んだ」と満足の当たりで成長をしている。

センバツ準優勝を経験した安田選手、夏は甲子園で清宮選手との共演と行きたい。そしてU18ではどちらかがDHになると思うが、3番清宮、4番安田、または3番清宮、4番・野村大樹、5番安田のクリンナップを見てみたい。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

「ビックリですね。すごいなあと思います。なかなかできるものじゃない」と目を丸くした。

前日はドラフト候補の履正社・安田と練習試合で対戦。「安田君はタイミングをずらせたけど、清宮君は(軸が)動いていない」と話した


PAGE TOP