大村工・森伊吹選手に日本ハムなど注目

森伊吹, 大村工

高校野球、夏の長崎大会の組み合わせが決定した。大村工の186cmの遊撃手・森伊吹選手に北海道日本ハムなどが注目をしている。

この春に6本塁打

森伊吹選手は186cmの遊撃手で、入学時に身長の大きさから期待をされ、1年秋にレギュラーとなった。そして2年の冬に1日1000スイングと体重を73kgから80kgに増やした事でパワーが付き、3年春には6本塁打を放った。

県内屈指の右バッターと評判になる中で、北海道日本ハムなど複数球団が森選手の視察に訪れているという。

長崎県では波佐見の村川竜也投手や長崎日大の飯田大翔投手が140キロを記録し、また長崎日大の外野手・大塚由智選手にもプロが注目している。

2017年度-高校生-長崎県のドラフト候補リスト

森伊吹、悲願へけん引 西日本スポーツ紙面 2017/6/17

PAGE TOP