群馬・常磐高の145キロ右腕・山上信吾投手に各球団スカウト注目

常磐高, 山上信吾

夏の高校野球群馬大会の組み合わせが決定した。健大高崎などが注目される中で、プロのスカウトは、常磐高校の山上信吾投手に注目する。

1試合17奪三振

山上投手は183cmの右腕投手で、昨年秋に145キロを記録し県内屈指の速球派投手として注目された。秋の3回戦・渋川戦では4安打17奪三振1失点で完投勝利し、準々決勝の高崎経大付戦でも8回4安打9奪三振1四球、1失点で完投している(試合は0-1で敗戦)。

また長打力も見せ、渋川戦ではホームランを放っており、体にパワー秘めた選手だろう。

この山上選手には複数球団のプロのスカウトが注目している。常磐高校は前橋育英のブロックに入り、もし両校が対戦するまで勝ち上がれば、丸山和郁投手などの強力投手陣との投げ合いとなる。大勢のスカウトが詰めかける事になりそうだ。

2017年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト


PAGE TOP