青藍泰斗・石川翔投手がプロ1本明言、6球団スカウト「トップレベル」

青藍泰斗, 石川翔

高校野球栃木大会では、青藍泰斗が作新学院に2-3で敗れ、先発完投した石川翔投手の夏が終わった。試合後に石川投手は「プロ1本です」と話し、プロ入りの意思を明らかにした。

王者に9回3失点

石川翔投手は王者・作新学院戦に先発すると、3回、2アウト満塁のピンチで3番・鈴木萌斗選手に走者一掃のタイムリー3ベースヒットを打たれた。しかし4回以降は最速148キロの速球を中心に、作新打線から8三振を奪うなど無失点に抑えた。石川投手は「少し浮いてしまった。最後の最後の粘り強さが足りなかった」と話した。チームは2点を追い上げたものの、2-3で敗れた。

試合後に石川投手は「プロ1本です。上の世界で活躍して周りの人に恩返ししたい」と話し、プロ志望を明らかにすると、「最終的には日本を背負える投手になりたい」とプロ入り後の目標についても語った。

6球団スカウトも絶賛

この日は6球団11人のスカウトが視察、北海道日本ハムは山田スカウト顧問の他に吉村GMも視察に訪れた。

千葉ロッテ・諸積スカウト:「左足の状態がいい時には、踏み込んだ後、足が浮いてプレート方向に素早く戻る。ダルビッシュ、大谷ら超一流の速球派投手に見られる動き。将来はもう10キロ程度速くなりそう。大谷に近くなる可能性がある」

東北楽天・長島スカウト部長:「素材的には文句なし。全国を見て回った中で、左腕を入れても全国トップレベルの評価。球団によっては1位の12人に入るかもしれない」

北海道日本ハム・山田スカウト顧問:「球が速くばらつかない。平均で140キロ台中盤はいない」

昨年夏の段階で、今年の1位候補に入ってくると注目されていた石川投手、故障などもあったが、順当に1位候補となった。151キロ右腕、鋭いスライダーがあり躍動感あるフォームからの角度のある速球、昨年のドラフト会議で高校生投手が次々と1位指名されたが、石川投手も、実績では及ばないがそのくらいの力があると思う。

ドラフト1位で指名されると予想する。1回目の入札で名前が挙がるか、清宮選手を外した球団が2回目の入札までには確実に名前が挙がるだろう。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

この日は6球団11人のスカウトが視察。ロッテ・諸積スカウトは「左足の状態がいい時には、踏み込んだ後、足が浮いてプレート方向に素早く戻る。ダルビッシュ(レンジャーズ)、大谷(日本ハム)ら超一流の速球派投手に見られる動き。将来はもう10キロ程度、速くなりそう。大谷に近くなる可能性がある」と賛辞を贈った。楽天・長島スカウト部長は「球団によっては1位の12人に入るかもしれない」と評価は不変だった。

力は見せた。5球団のスカウト陣の前で、最速148キロを計測。三回以外は得点を許さず、8奪三振で完投した。楽天・長島スカウト部長は「高校生では全国トップレベル。黒木君(オリックス)のようになるのでは」と称賛。日本ハムは吉村GMも視察し、山田スカウト顧問は「球が速くばらつかない。平均で140キロ台中盤はいない」と評価した。

プロ5球団が視察し、楽天の長島哲郎スカウト部長は「素材的には文句なし。全国を見て回った中で、左腕を入れても全国トップレベルの評価」と絶賛した。今後の進路について、石川はプロ志望届を出すことを明言。「最終的には日本を背負える投手になりたい」とプロの舞台での活躍を誓った。


PAGE TOP