日大三敗れる、櫻井投手は進路明言せず、金成投手はプロ志望

日大三, 櫻井周斗, 金成麗生

高校野球西東京大会では、優勝候補の一角・日大三が東海大菅生に0-5で敗れ、プロ注目左腕コンビ、櫻井周斗投手、金成麗生投手の高校野球の3年間が終わった。

敗退

日大三はこの日、先発した櫻井周斗投手が先発して9回を完投し9つの三振を奪ったものの、初回に2失点、5回に1失点し終盤にも2点を失い、ペースをつかめず8安打5失点、「流れを一度も持って来られなかった」と悔やむ投球となった。

また金成麗生投手は4番で出場したが、4打数1安打に終わりチームも東海大菅生の145キロ右腕・松本健吾投手に3安打に抑えられた。「4番として申し訳ない」と責任を口にした。今大会は4回戦、5回戦でノーヒットに抑えられるなど、打撃の調子は良くなかった。

東京大会では昨年秋、今年春と決勝に進出し、早稲田実に2度とも敗れた。この夏も早稲田実と日大三の最終決戦と期待をされていたが、一足早く姿を消すことになった。櫻井投手は「対戦できなくて残念」と悔しさを話したが、「清宮から5三振を取ってからお互いに成長できた」と、清宮選手との対戦で成長できたことを感謝した。

進路

櫻井選手はこの先について、「はっきりとは考えていない。行ったところで結果を出したい」と話し明言は避けたが、「ピッチャーでもバッターでもやれる自信はある」と力強く話した。

また、金成選手は進路について、周囲と相談するとしたものの、「プロに挑戦したい。ピッチャーとして挑戦したい。」と話し、プロ入りの意思を明らかにした。

櫻井投手は最速149キロを投げる左腕に高校通算30本を超すホームランを打つ、金成投手も193cmの身長から最速150キロを投げる左腕投手。まだ課題はあるものの、共に素質十分の選手。日大三は高山俊選手などの世代など進学する選手も多いが、昨年は坂倉将吾選手が広島カープにドラフト4位で指名され入団している。

金成投手はドラフト中位から下位で指名されそうで、櫻井選手もプロ志望をすれば指名はあると思う。櫻井投手は打撃も注目されており、次のステージではどちらを主にやっていくのかも注目される。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

1安打に終わった金成は「4番として申し訳ない」と目を真っ赤にした。第1試合で早実が快勝。「俺たちも勝たなきゃ」と意気込んだが、4、5回戦で無安打だった打撃は復調しなかった。「デカプリオ」の異名と強打、投げても最速150キロと鮮烈な印象を残した高校生活。進路は周囲と相談するとしながらも「プロに投手として挑戦したい気持ちがある」と明かした。

昨秋に5三振を奪った清宮については「対戦できなくて残念」。今後の進路は「行ったところで結果を出したい」と話すにとどめた。プロ注目の4番・金成麗生内野手(3年)は最速149キロの左腕としても注目されており「プロに挑戦したい。できれば投手で」と涙ながらに話した。

桜井は「清宮から(秋季大会で)5三振を取ってからお互いに成長できた」と振り返った。期するのは次の舞台での飛躍。進路について、桜井は「はっきりとは考えていない。行ったところで結果を出したい」と話し、最速150キロ左腕でもある金成は「(投手として)プロに挑戦したい気持ちはある」と希望を明かした。


PAGE TOP