来夏、埼玉大会は北に花咲徳栄・春日部共栄、南に浦和学院・聖望学園

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

第100回記念大会となる来年夏の甲子園について、埼玉県は南北2つに分かれてそれぞれの代表2校が甲子園に出場することが決定した。

北埼玉・南埼玉

来年夏の第100回記念大会では、埼玉県からは2校が甲子園に出場できる。埼玉県高野連はこの日、埼玉県を2地区に分け、北埼玉大会に県東部と県北部、南埼玉大会に県西部と県南部の高校を振り分けることを決めた。今年代表となった花咲徳栄は北大会、準優勝の浦和学院は南大会に出場する。

埼玉県では第80回大会は東埼玉と西埼玉に分かれて開催をしたものの、県では南部と東部に有力校が多く、振り分けが不均衡という声もあり、第90回大会では今回と同じく、東部と北部を北埼玉、南部と西部を南埼玉とした。

ちなみに90回大会は北埼玉大会では春日部共栄、花咲徳栄、本庄第一、上尾などが戦い、本庄第一が優勝、南埼玉大会では浦和学院、市川越、聖望学園、埼玉栄、大宮西などが戦い、浦和学院が優勝をしている。

今年の大会では浦和学院の2年生・佐野涼弥投手、渡邉勇太朗投手、蛭間拓哉選手や、埼玉栄の146キロ右腕・米倉貫太投手、そして花咲徳栄の野村佑希選手は、清宮の次はこの人と言われている。

2018年度以降-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント