2017年夏、地方大会で敗れ去った注目選手たち

清宮幸太郎, 村上宗隆, 太田英毅, 安田尚憲, 石川翔, 田中瑛斗, 山口翔, 三浦銀二, 金久保優斗, 古賀悠斗, 本田仁海, 山本拓実, 佐藤隼輔, 山上信吾

夏の甲子園に出場する代表49校が決定し、木更津総合・山下輝投手や秀岳館・川端健斗投手、横浜・増田珠選手などに注目が集まる。しかし今年は、地方大会でプロが注目した選手のいるチームが敗れ姿を消した。

スラッガー達

東の清宮幸太郎、西の安田尚憲は共に最後の夏に出場することができなかった。また、九州学院の村上宗隆選手、福岡大大濠の古賀悠斗捕手、智弁学園の太田英毅選手、龍谷大平安・岡田悠希選手なども地方大会で姿を消した。

甲子園未経験組でもいわき光洋の園部佳太選手や、桐蔭学園の柿崎颯馬選手なども甲子園でプレーを見たかった。

清宮選手、村上選手、古賀選手、太田選手はU18代表一次候補に選出されており、最終候補に残ればまだプレーを見ることはできそうで、おそらく今は木製バットを振り込んでいる所だと思う。安田選手は大阪大会で高い打率を残すなど結果を残し追加で代表入りとなる可能性もあるが、左のスラッガーとしては清宮選手とタイプが近く、サードのポジションでは早稲田実の野村大樹選手などと比較される事となる。

今後については、清宮選手、安田選手、村上選手はプロ志望をすればドラフト1位か2位で消える可能性は非常に高く、進路についても注目が集まる。

投手

また投手ではNO.1と評価される青藍泰斗の石川翔投手や、センバツのマウンドを経験した熊本工の山口翔投手や東海大市原望洋の金久保優斗投手、福岡大大濠の三浦銀二投手、150キロ超の速球を投げる八戸工大一の古屋敷匠真投手や啓新の牧丈一郎投手、板野・森井絃斗投手、学法石川の尾形崇斗投手なども甲子園に出場することがができなかった。

古屋敷投手は大学進学、森井投手は社会人に進むことを明言しており、石川投手、牧投手、尾形投手はプロ志望を表明し、三浦投手もプロを視野にとしている。山口投手、金久保投手はまだ進路を明らかにしていない。

地方大会では柳ヶ浦・田中瑛斗投手、市尼崎・山本拓実投手、仙台・佐藤隼輔投手、星槎国際湘南・本田仁海投手、常磐・山上信吾投手の評価が高まった。この夏に実績を残し、将来への大きなステップとなりそうだ。

田中投手、山本投手、本田投手、山上投手はプロ志望を表明しており、佐藤投手は進学かプロ志望か五分五分と話している。

昨年は花咲徳栄の高橋昂也投手、横浜の藤平尚真投手、履正社の寺島成輝投手というBIG3が甲子園出場をしており注目されたが、今年のドラフト1位指名の可能性のある選手としては、清宮選手、安田選手、横浜の増田珠選手、青藍泰斗・石川翔投手、村上選手、山口投手とみており、その中で多くの選手が地方で姿を消した形となった。

2017年高校野球ドラフト番付


PAGE TOP