神戸国際大付が敗退、猪田和希選手は社会人へ

神戸国際大付, 猪田和希

甲子園大会では神戸国際大付が天理に1-2で敗れた。強打の捕手・猪田和希選手は5打数ノーヒットに終わった。

社会人で

兵庫大会で4本塁打を放ち、強打の捕手がいよいよ甲子園で活躍を見せるかと期待されていた。初戦の北海戦では4打数2安打とまずまずの打撃を見せたが、チャンスの打席で打てなかったことを反省していた。

この日の天理戦も4番で出場すると、1-1で迎えた8回は1アウト満塁の場面で打席に入ったものの、サードゴロで併殺に打ちとられるなど、5打数のうち4度がランナーを置いた状態で打席に入ったもののノーヒット、結局5打数0安打に終わり、試合も延長11回の末、1-2で敗れた。

たらればになってしまうが、4番に当たりが出ていればと感じさせる試合展開になってしまった。2回には2アウト満塁からパスボールで先制点を与えてしまうなど、悔いの残る試合になってしまった。

猪田選手は試合後に、「誰にも負けない選手になりたい」と話した。社会人野球でプレーする予定で、社会人で攻守に成長し、今度は大舞台であばれる姿を見せてほしい。

2017年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

相手バッテリーの投球術にはまり、八回は1死満塁の絶好機に三ゴロ併殺。「苦手な内角を徹底して攻められ、バットのヘッドが走らなかった」と肩を落とした。

 二回は2死満塁から捕逸で先制を許し「ミットの網の部分に当たり、抜けてしまった」と反省。卒業後は社会人野球に進む予定で「誰にも負けない選手になりたい」と誓った。


PAGE TOP