巨人、中日などが広陵・中村奨成捕手に注目、1位指名競合へ

広陵高, 中村奨成

1大会6本塁打に17打点など、今大会に大活躍を見せた広陵・中村奨成捕手について、プロ側の評価コメントも相次いだ。

プロ側も最高評価

巨人の鹿取GMは22日に、「春の段階から特Aランク。間違いなくドラフト1位で競合する」と元々高評価だったことを明らかにすると、東京ヤクルトの小川SDもこの日、「甲子園でさらに上がったのではないか。素材としてはそういう評価になる」と評価が上がったことを認めた。また阪神の球団幹部も「素晴らしい選手」と改めて評価した。

またこの日は中日の白井オーナーが名古屋ドームで記者に応え、中村選手について「いいね、あの子も。目移りするよ」と話した。白井氏は早稲田実の清宮幸太郎選手を「あの人はお客さんを持っている」と人気面も含めて評価し、1位指名を念頭に置いていた。中田スカウト部長も同様の方針で、中村選手について「アマNO.1捕手。将来性のある捕手が欲しい所は1位で指名する」と話し、やや距離感のある発言にも聞かれたが、中日も将来性のある捕手の欲しい球団の一つだと思われ、オーナーの反応も見ながら中村選手1位指名も視野に入れていく。

この他にも広島や横浜DeNA、東北楽天、北海道日本ハムのスカウト陣も高い評価をしており、中村捕手の1位指名は1,2球団ではない可能性が高くなってきた。

2017年ドラフト指名予想
2017年度-特Aランクのドラフト候補リスト

中村についてこの日、ヤクルト・小川シニアディレクターは「甲子園で、さらに(評価が)上がったのではないか。素材としてはそういう(高い)評価になる」。阪神の球団幹部は「素晴らしい選手」と改めて評価した。巨人・鹿取ゼネラルマネジャーは22日に「春の段階から特Aランク。間違いなくドラフト1位で競合する」と話し、広島は19日に苑田スカウト統括部長が清宮とともに1位候補に挙げている。


PAGE TOP