大曲工業の藤井黎來投手がプロ志望届提出へ

大曲工, 藤井黎來

大曲工業で高校2年時に甲子園で好投を見せ、最速145キロを記録する藤井黎來投手が、プロ志望届を提出する事を監督が明らかにした。

145キロ右腕

藤井黎來投手は昨年夏の甲子園で、初戦の花咲徳栄戦で先発すると、8回を投げて8安打5失点も、144キロの速球とスライダー、カットボール、フォークを投げ、体も181cm87kgとどっしりとして安定感があり、高橋昂也投手と投げ合った。プロのスカウトも注目をしている。

今年の夏は大曲農戦でノーヒットノーランを達成するが明桜に敗れて甲子園出場はならなかった。

完成度が高そうにも見えるが、さらにもう1ランク上のピッチングができるようになってほしい。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2017年度-高校生-秋田県のドラフト候補リスト

阿部監督が本荘戦後に明らかにした。力のある直球に加え、スライダー、カットボール、決め球フォークを自在に操る。2年夏の甲子園では先発し、今夏の秋田大会3回戦では大曲農相手に無安打無得点をマークした。


PAGE TOP