九産大・草場亮太投手が福教大に敗れる

草場亮太, 九州産業大

福岡六大学リーグでは九州産業大でドラフト注目投手の草場亮太投手が福岡教育大に敗れた。福岡教育大が九産大に勝利するのは5年ぶり。

正念場

草場亮太投手は最速152キロを投げる右腕で、今年の大学トップクラスの投手と注目されていた。今年に入ってピリッとした投球を見せることができず、大学野球選手権でも日本文理大戦に先発するも6回7安打4失点。それでも最速150キロを記録しプロのスカウトも「12人の中に入ってくる」と評価する声もあった。

この秋のピッチングが注目されたが、この日の福岡教育大戦では4回に連打で3失点など、6回1/3を投げて3安打に抑えるも4失点を喫した。試合は4-1で福岡教育大が勝利し、九産大から5年ぶりの勝ち星となった。

大学野球選手権で草場投手は「このままでは通用しない」と話し、秋のリーグ戦開幕前は「真っすぐにもっと勢いを出したい。」「秋は失点ゼロに抑えるつもりで投げる」と話したが、本来の力からはまだまだという感じだった。

大学3年時までに素晴らしいピッチングをしており、今年の内容だけで判断することはできないが、まずは本人が納得できる投球を見せ、最終的にどのような決断をしていくのか注目したい。

2017年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
九州産業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

福岡教育大、草場打ち初勝利 西日本スポーツ紙面 2017/9/19

PAGE TOP