松山聖陵の190cm144キロ右腕・土居豪人投手が「150キロ出す」

松山聖陵, 土居豪人

松山聖陵の190cm右腕・土居豪人投手がプロのスカウトから注目されている。来年センバツ出場が濃厚で注目投手となる。

アドゥワ以上

190cm80kgでまだ体は細く感じられる土居豪人投手、ストレートは140キロを超えこの秋に144キロを記録、四国大会では明徳義塾の目時神宮大会優勝右腕・市川悠太投手と投げ合いを演じた。

松山聖陵では昨年のドラフトで広島に5位で指名されたアドゥワ誠投手がいるが、196cmのアドゥワ選手と比較される大型右腕で、荷川監督も「似たタイプ。同じように育ってくれれば」と期待をしている。土居投手も「アドゥワさんはピッチングだけではなく、フィールディングもうまかった。自分もプロを目指しているので、もっと成長したい」と、プロ入りへの道の目標としている。

四国大会を視察したあるプロ野球スカウトは「2年秋の時点で比べれば、アドゥワより上。ひと冬越えてどれだけ成長するか楽しみ」と評価した。明徳義塾戦では10四死球を与えるなど課題もあるが、身体を最低でも5kgは太くして下をしっかりと安定させていく事ができれば、ドラフト1位候補に出てくる可能性も十分ある。

「下半身を鍛えて、もっと球速を上げたい。夏までに150キロを出すことが目標です」と話す土居投手、まずは出場が確定的のセンバツで、冬の成長を反映したピッチングを期待したい。

松山聖陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

四国大会に視察に訪れたあるプロ球団のスカウトは「2年秋の時点で比べれば、アドゥワより上。ひと冬越えてどれだけ成長するか楽しみ」と評価した。本人にとっても、ドラフト5位で広島入りした2歳上の先輩は大きな存在で、「アドゥワさんはピッチングだけではなく、フィールディングもうまかった。自分もプロを目指しているので、もっと成長したい」と、その背中を追いかけている。


PAGE TOP